メイン » » » 山脇武夫
やまわき たけお

山脇武夫

やまわき たけお

1871(明治4)〜 1923.1.18(大正12)

明治・大正期の名船長

埋葬場所: 1区 1種 3側 28番

 高知県出身。1883(M16)海南私塾分校(小津高校)卒業後、志を立てて上京の途中、大阪において20年の三大事件請願運動の嫌疑を受けて投獄された。
 95商船学校卒業後、日本郵船会社に入り、累進して船長となる。その間日清・日露の両役には「若宮丸」など御用船に乗り込み功があった。 また第一次大戦には八坂丸の船長として地中海に於て勇敢な行動をとった。またドイツ潜水艦の雷撃を受けたが、沈着に処して乗員全員無事だった。1918(T7)から横浜在勤監督を務めた。

<高知県人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。