メイン » » » 山本ムメ
やまもと むめ

山本ムメ

やまもと むめ

1891.1(明治24)〜 1972(昭和47)

大正・昭和期の修道女、
函嶺白百合学園の創始者初代校長

埋葬場所: 13区 1種 1側 2番
〔シャルトル聖パウロ修道女会〕

《詳しい略歴は調査中。ご存知の方は一報ください。》

 神奈川県片瀬村(藤沢市片瀬)出身。霊名はマ・メール。父は片瀬村(藤沢市)の収入役、郵便局長などを務め、片瀬地区の宅地造成や江ノ島電鉄の敷設に貢献した山本百太郎、長女として生まれる。後に叔父(父の弟)の海軍少将の山本信次郎(1877.12.22-1942.2.28)の養女となる。
 1878(M11)フランスから北海道の函館へ渡来した シャルトル聖パウロ修道女会の3人のスールが修道院を創設した。3人のスールとは、スール・マリ・オグスト(?-1904)、スール・マリ・オネジム(1845-1938)、スール・カロリヌ(1851-1945)で、函館を拠点として福祉活動を行い、後に教育活動と共に全国に広がり、現在の白百合学園への発展へと繋がる。白百合学園は現在、姉妹校が7校、大学2校と幼稚園および乳児院と二つの養護施設がある(R5現在)。いずれの学校や施設は「シャルトル聖パウロ修道女会」が設立母体である。
 この学園の中で最も若い姉妹校である函嶺白百合学園の創始者、校長を務めたのが山本ムメである。「函嶺」(かんれい)とはかつての「箱根」の別名であり、神奈川県足柄下郡箱根町強羅にある学校法人。姉妹法人である学校法人白百合学園と同じく、カトリックのミッションスクール(女子校)で、いずれも箱根町強羅の同じ敷地内に所在する。
 太平洋戦争末期、財団法人白百合学園(学校法人白百合学園)の東京九段の学校(白百合高等女学校および附属初等科)は、戦禍を避けるために神奈川県足柄下郡箱根町強羅に戦時疎開学園を設けて教育活動を続けていたが、戦後、1949 私立学校法が制定され学校法人制度ができたのを受けて、1951 山本ムメが創始者となり学校法人函嶺白百合学園を設立し、初代校長となった。
 ムメは「一流の国際人におなりなさい」「国や人種を超えて互いの違いを認め合い、愛し合うことのできる人になりなさい」という多様性(Diversity)を尊重した「一流の国際人=人類社会に貢献できる女性」を掲げ育成した。
 ムメの清家の山本家は江戸時代から相模国鎌倉郡川口村(片瀬村:神奈川県藤沢市片瀬)の名主を務める旧家。祖父の山本庄太郎は鎌倉郡長や県会議員を務めた人物であり、常立寺の周辺から片瀬海岸一帯にかけての大地主。この付近一帯の開発者でもあり、その一環で庄太郎は持ち家をマリア会の別荘として貸していた。その関係から息子の信次郎をマリア会の暁星中学校で学ばせている。暁星中学校は禁教令廃止後に開設されたカトリック教会系の学校であるが、当時はキリスト教に対する敵視が根強い時代であった。信次郎はマリア会の修道士と過ごしているうちにキリスト教を理解するようになる。しかし庄太郎は寺の檀家総代も務めており、クリスチャンではなく、洗礼を受けることに当初は反対していた。ねばり強い説得で信次郎は16才の時に受洗。ヘンリック神父から軍人を志すように薦められ軍人になり、1903 日露戦争出征するにあたり兄の百太郎から信次郎は分家した。
 叔父(百太郎と信次郎の弟)で庄太郎の三男の山本三郎は結核を罹患し療養をしていた。このこともあり、明治大正期の片瀬地域の海岸地帯の多くは結核患者が多く集う療養の場として使用されていた。その後、三郎が亡くなったこともあり、百太郎は片瀬地域を死の病の療養地から、健康な都市生活者の別荘地に変えるため宅地開発の必要性を訴え、江ノ電の敷設、山本橋を架橋、砂丘上の防砂林の植樹や別荘開発のインフラ整備をした。また信次郎の斡旋と後援により日本管区長のメール・アンジュ・マリア(シャルトル聖パウロ修道女会)が湘南片瀬に土地を購入し、片瀬乃木幼稚園(1936)、片瀬乃木小学校(1937)、乃木高等女学校(1938)を創立(戦後 湘南白百合学園)。加えて信次郎は弟の三郎が結核療養で使用していた建物を改築して「カトリック片瀬教会」へと献堂した(1939)。
 養父の山本信次郎は海軍軍人でありながらカトリック信者であり、外交官も務めた国際派であったことから、ムメはとても影響を受けたと思われる。

<湘南の歴史、白百合学園の歴史など多数参考>


墓所 やまもと むめ

*入口に「シャルトル聖パウロ修道女会」。正面に十字架の墓石が5基並ぶ。真ん中がMere Ange Maria(1885-1944)、山本ムメ、海老原ゆり(1914-1989)の三名が刻む。海老原ゆりは管区長と刻む。仙台白百合学園小学校校長などを務めた人物。正面左の墓石には、岩下まき(1880-1956)、片岡シマ(1908-1959)、DELECRIN(1890-1960)、山北こう(-1912)、山北ヨシ(1888-1984)が刻む。その左の墓石は片岡シヅヱ(1923-1951)が刻む。正面右は梅村八重(1913-1987)の墓石。その右の墓石は何も刻まれていない。墓石背面の壁に荻島礼子(1915.11.16-1943.11.23)、西田キチ(1895.11.1-1943.11.23)の二名が刻む。

やまもと むめ

*墓所右側に建つ墓誌には48名が刻む。海老名いづみ、鹿島あい、瀬戸正子、村井満、河野セイ、加瀬嘉子、岩永チヨ、片山ミサ、山田マサノ、網千和子、斎藤コト、松永スヤ、進藤徳子、上野悦子、五十嵐宣子、阿南明子、藤田洋子、日隈麻知子、立川健代、蛭名慶子、前田照子、吉澤照子、三島初江、佐藤景子、千石利子、橋本すみ子、平田トミ子、板橋ヨネ、中村孝子、高橋康子、相川幸子、大島澄江、大京子、藤村篤子、赤池黎子、片岡キミエ、吉澤安子、森田照子、岸かほる、清水直子、野下綾子、小林キヨメ、山口春野、清水恵美子、阿部サヨ、武井久美子、松永ユリ子、野田郁子。

*墓所右側に「2019年5月東京都小平霊園より改葬」と刻み7名が刻む墓誌が建つ。村松はる、高橋トミ、山田キイ、大江チヨノ、萩原ミツ、Claire Delahape、村松カウ。またその右に十字架墓石「童貞摩里江之墓」が建つ。

*墓所左側に「修道会来日140周年を記念して 2019年5月 片瀬泉蔵寺墓地より改葬」(左に2000建之)と76名が刻む墓誌が建つ。Daikeler Anna、鞍貫千代、Panet Engenic、野口ユキ、Marunier Marie、Deboissy Marie Elise、石塚秀子、Nuss Sophia、Tol Anna、平田とも子、Zulma Phillomene Fouguet、片岡小夜子、小磯エイ、深井チヨ、Dancerme Marle Jeanne、松尾千代、Thomas Aurore Paul Leone、片岡マサ、松永美枝、芝崎百合子、鈴本ふさ、近藤シメ、喜多村操、大江サミ、藤田ハル、小林つる、一ノ瀬松恵、山田ユキ、近藤クミ、布施静子、熊井嘉子、冨樫露、野田園、佐藤キミ子、佐々部倫子、西舘和子、佐久間富士子、出孝子、小野良子、藤原早苗、武内マシ、笹山ミチエ、川村ミヨ、信永孝子、久保田直、松林春子、上野せつ、友岡アタミ、三池田昭子、喜多静枝、鈴木喜恵子、山口クワ、山口ハツノ、増田綾子、片岡チヅ子、市瀬シズコ、紅林松代、大森悦子、寺田秀、佐々木レオ、岩永セツ子、山口八重子、片岡サノ、片岡照子、岩永キヨミ、嘉松綾子、高橋百合、大石久江、佐々木トシ子、小柄氏美喜、栗山敏、久保田セイ、片岡ナカ、常野房子、福井晴子、紅林ツル。

*墓所左側に「2019年5月 東京都青山霊園より改葬」と刻み、7名が刻む墓誌が建つ。FEREZ Jeanne Marie、EOX Jul ette、VENEL Anasiasie、LECLERC Marie、GIBB Kary、ANDANSON Marie、REREIRA Marie。

*墓所左側に「2019年5月横浜外人墓地より改葬」と刻み、マスール5名が刻む。DUMAS Marie(1853-1932)、HAZARD Marie(1861-1939)、DUCHER Marie(1861-1939)、RAUTUREAU Marie Therese(1892-1946)、CAQUE Anne(1870-1947)。

*北海道函館市の 外国人墓地の一角にシャルトル聖パウロ修道女会墓地があり、この墓地には函館市の社会福祉事業の先駆者、スール・マリ・オネジムを含む、8人のスールが眠っている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。