メイン » » » 坪谷善四郎
つぼや ぜんしろう

坪谷善四郎

つぼや ぜんしろう

1864.2.26(元治1)〜 1949.3.24(昭和24)

明治・大正・昭和期の出版人、政治家、
図書館育ての親

埋葬場所: 1区 1種 2側 4番

 号は水哉。新潟県加茂町出身。1888(M21)東京専門学校(のちの早稲田大学)政治科卒。翌年行政科卒。在郷中からの寄稿の縁で、在学中に博文館に入社。 1888(M21)6月には、博文館の書籍出版成功の第一号となった『市制、町村制注釈』を著述。以後も執筆者、編集者として活躍、編集局長、取締役を歴任した。 1894(M27)内外通信社主幹兼務。翌年、博文館『太陽』創刊に従事。1899東京市牛込区議会議員。 1901(M34)から1922(T11)まで東京市会議員、在任中、市立図書館建設を発議、これを実施するなど、図書館事業の先覚者。 1911(M44)内閣より通俗教育調査委員を命ぜられる。1917(T6)私立大橋図書館(現三康図書館)館長、1918日本図書館協会会長。 また無類の旅行好きとして知られ、海外旅行も多く、随筆、回想集を含めて四十余冊の著書がある。編著に『博文館五十年史』『大橋佐平翁伝』など。

<日本人名大事典 現代>
<日本史研究者辞典>
<MATHU様より情報提供>


*事典によって生まれが1862(文久2)と記しているものもある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。