メイン » » » 徳永 直
とくなが すなお

徳永 直

とくなが すなお

1899.1.20(明治32)〜 1958.2.15(昭和33)

昭和期の小説家

埋葬場所: 19区 1種 24側 17番

 熊本県飽託郡花園村(熊本市)出身。乏しい小作人の長男として生まれたため、小学生の時から印刷工や文選工などで働いて家計を助けた。職を転々としていたが、熊本煙草専売局で働いていた時に同僚の影響で文学や労働運動に身を投じ、1920(T9)熊本印刷労働組合創立に参加した。
 '22山川均を頼って上京。博文館印刷所に植字工として勤務。この頃から小説を書き始める。'25『無産者の恋』を組合の雑誌に発表。'26共同印刷争議で指導的メンバーとして活躍したが敗れ、同僚1700人とともに解雇される。'29(S4)この体験に基づく長篇小説『太陽のない街』を「戦旗」に発表、労働者出身のプロレタリア作家として一躍注目を集め、ベストセラーとなり、映画化や戯曲化、また世界各国で翻訳出版された。
 「全日本無産者芸術連盟」(ナップ)に参加。作家生活に入り、'30『失業都市東京』、'32『ファッショ』などを発表。社会主義思想や共産主義思想が強いプロレタリア文学は当局に目をつけられており、プロレタリア文学の代表的な作家である小林多喜二の虐殺や弾圧の強まる中で動揺し、'33中央公論にて『創作方法上の新転換』を発表して、文学の政治優先を主張する蔵原惟人(古川荘一郎)らを批判し、日本プロレタリア作家同盟を脱退した。その一方で、小林多喜二の『党生活者』発表に当たり、弾圧への対策として伏字なしの校正刷りが作成された時には、その保管者の一人となり、戦後まで保管し、完全版の刊行に協力した。
 '34転向小説『冬枯れ』、'37『太陽のない街』の絶版宣言を自ら行った。'38映画化された『はたらく一家』、'39『先遣隊』、『八年制』など働く庶民の生活感情に根ざした作品を発表。'43『光をかかぐる人々』は日本の活版印刷の歴史をヒューマニズムの観点から淡々と描くことで、戦争と軍国主義を暗に批判した。
 戦後、'46東京空襲の最中に病没した妻のトシの思い出として下積みの女の一生を描いた『妻よねむれ』、'50『日本人サトウ』などを発表。新日本文学会に参加し、労働者作家の実力向上のために尽力し、後進の育成にもあたった。特に、東芝争議を題材に諏訪地方の労働者と農民の戦いを描いた『静かなる山々』('50)は、外国でも翻訳され高く評価された。「人民文学」の創刊に協力。'58.2.15新日本文学に連載中の長篇「一つの歴史」は未完のまま、胃がんのため逝去。享年59歳。
 長篇小説が多いが、庶民の生活実感に即した短篇なども優れた作品がある。基本的には労働者の運動を支持する立場をつらぬいた。特定の知識人・趣味人だけのものであった文学が労働者に受け入れられるきっかけをつくり、小説の読者層を大きく変えたと評価されている。享年59歳。

<コンサイス日本人名事典>
<ブリタニカ国際大百科事典>
<日本大百科全書など>


*墓石は和型「徳永の墓」。墓石の書は徳永直の筆である。左側に墓誌があり、俗名・没年月日・行年が刻む。妻はトシ。

*妻のトシは東京空襲の最中に病没。徳永直は55歳の時に再婚をしている。評論家の津田孝は女婿にあたる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。