メイン » » » 田中淑夫
たなか よしお

田中淑夫

たなか よしお

1917.6.12(大正6)〜 2005.12.4(平成17)

昭和・平成期の実業家(京三製作所)

埋葬場所: 21区 2種 19側

 東京出身。1938(S13)早稲田大学専門部法律科卒業、同年南満州鉄道に入社。'46京三製作所に入り、'68取締役、'71常務、'74専務、'86副社長を経て、'88社長に就任。'92(H4)相談役。
 京三製作所は日常に当たり前となっているさまざまな製品を開発、製造している。 例えば、東海道新幹線ATC装置、自動感応系統式交通信号機、交通管制用LED式情報板、パーキングメーターなど数多く、田中が社長を務めた際の代表的なものとして、横浜博覧会での常電導磁気浮上式HSST制御装置などがある。
 呼吸不全のため東京都武蔵野市の病院にて逝去。享年88歳。葬儀・告別式は幡随院で営まれた。

<訃報記事など>
<森光俊様より情報提供>


*墓石は洋型「田中家」。裏面に「昭和四十三年二月四日建之」と刻む。右側に二基の墓誌がある。右側の墓誌は先祖のことが刻む。墓石に近い左側の墓誌に田中淑夫の刻みがあり、戒名は碩徳院法光日淑居士。右側の墓誌には田中家は代々舊紀州藩藩士であり、菩提寺は和歌山市高松寺と刻む。8代目の田中関四郎が1968に遺すとある。

*墓誌には初代より田中久宅、惟春、休道、和平、有為、貞輔、庄太郎、関四郎、久元(信越化学工業常務)、淑夫、通夫が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。