メイン » » » 武市八十雄
たけいち やそお

武市八十雄

たけいち やそお

1927(昭和2)〜 2017.4.10(平成29)

昭和・平成期の出版人、絵本制作者

埋葬場所: 21区 1種 17側

 フランス・パリ出身。5歳の時に日本に一家で帰国。慶應義塾大学文学部に入ったが、'42.12.28(S17)父の武市雄(同墓)が若くして没したため中退。後に、'61慶應義塾大学特選塾員となり卒業した。
 '50.5.10キリスト教児童文学・カトリック系児童出版社の有限会社至光社を設立。母の武市君子(同墓)が代表となり、自身は専務となった(後に代表取締役社長)。月刊幼児絵本「ひろば」、'55月刊絵本「こどものせかい」などカトリック幼児教育雑誌を発行。いわさきちひろや谷内こうたらの絵本を多く手がけた。
 国際版絵本の絵本制作者として独自の世界も切り開き、'72『あのおと なんだ』(絵:谷内こうた)でボローニャ国際児童図書展クリティック・エルパ賞を受賞。'88『ぼくの むら』(絵:小松均)で産経児童出版文化賞美術賞を受賞。その他の主な著書に『ぼく たいや だいすき』『ぼく ねじ だいすき』『クリスマスの くちぶえ』などがある。心不全のため逝去。享年89歳。妻は万寿美。長男の直樹は至光社の会長。至光社の現在の代表は武市晴樹。

<著者略歴・訃報記事など>


*墓石は洋型で正面十字架の下に「FAMILIA TAKEICHI HIC EXPEOTAT RESURREOTI OMEM MORTUORUM」と刻む。裏面が墓誌となっている。母の君子は'88.11.7に享年83歳で亡くなった。

*いわさきちひろの墓は狭山湖畔霊園。同霊園には歌手の尾崎豊も眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。