メイン » » » 高村象平
たかむら しょうへい

高村象平

たかむら しょうへい

1905(明治38)〜 1989(平成1)

昭和期の経済史家

埋葬場所: 1区 1種 2側

 東京出身。慶大卒業後、学校に残り1939(S14)慶大教授。ドイツ留学により日本の歴史学界では未開拓の北ドイツ中世都市の商人団体ハンザの研究を深め、59「ドイツハンザの研究」をまとめる。 60慶応義塾大塾長。中央教育審議会会長などをつとめた。慶大名誉教授、学士院会員。著書に「ドイツ中世都市」1959、「教育への提言」1981がある。

<コンサイス日本人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。