メイン » » » 朱牟田夏雄
しゅむた なつお

朱牟田夏雄

しゅむた なつお

1906.6.29(明治39)〜 1987.10.18(昭和62)

昭和期の英文学者

埋葬場所: 25区 1種 2側

 福岡県三池郡出身。父は朱牟田轍・ミネ(共に同墓)の長男。生まれた翌年に家族と共に上京。第一高等学校を経て、1927(S2)東京帝国大学英文科に入学。大学院修了後、'32上海の東亜同文書院に赴任して、8年間勤務する。 '40帰国後、神戸商業大学(神戸大学)予科教授。'46一高教授、新制の東京大学教養学部助教授、'51東京大学教授に昇任。'60教養学部長、'67定年退官し、東京大学名誉教授。同年より、中央大学教授。'77帝京大学教授を務めた。
 18世紀イギリス小説の研究で知られる。中野好夫と共にサマセット・モームの研究紹介でも大きな役割を果した。 '67ロレンス・スターン『トリストラム・シャンディ 紳士の生涯と意見』の翻訳で読売文学賞、'78ジョージ・メレディス『エゴイスト』の訳業で日本翻訳文化賞を受賞した。 主な著書に評伝『フィールディング』('56)、『わが落書き帖』('74)、『翻訳の常識 読解力から翻訳力へ』('79)などがある。 翻訳はヘンリー・メジャー・トムリンソン『文学を語る』('34)、ジョン・スチュアート・ミル『ミル自伝』('60)、サマセット・モーム『雨・赤毛』('62)、パール・バック『大地』('78)など多数ある。'77勲二等授瑞宝章。享年81歳。従三位追贈。

<講談社日本人名大辞典など>
<森光俊様より情報提供>


*墓石は和型「朱牟田家之墓」。墓誌があり、父の朱牟田轍に初代、夏雄には二代とある。続柄、俗名、生没年が刻む。妻はスミ。

*父の朱牟田轍(1870-1945)は『詳解日本歴史』(1929・詳解日本歴史)の著者。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。