メイン » » » ニコラ・シフェルブラット
Schiferblatt, Nicora

シフェルブラット

Schiferblatt, Nicora

1887(明治20)〜 1936.10.14(昭和11)

大正・昭和期の音楽家(指揮者、バイオリン)

埋葬場所: 外人墓地区 1種 2側

 ロシアのヴィルナ出身のロシア人。1906(M39)チフリス音楽学校を卒業したのちにドイツに留学し、帰国後ハンガリー出身のバイオリン演奏家アウエルに師事した。 1925(T14)春に行われた日露交歓音楽祭に参加するため来日し、第一バイオリン首席奏者として活躍した。帰国後モスクワ交響楽団の独奏者兼主席バイオリニストとして演奏活動を行った。 1929(S4)8月新交響楽団の指揮者として招かれ来日。先任のJ.ケーニッヒの跡を継ぎJOAK専属指揮者として大いに才能を発揮し、わが国の音楽界に刺激を与えた。東京で病を得て死去。

<来日西洋人名事典・増補改訂普及版>
<MATSU様より情報提供>


Schiferblatt, Nicora

★2010年3月1日に東京都が管理者の確認ができないことを理由に一年間の申し出がない場合は無縁墓地とし墓地整理を行う通達の看板が立っています。2011年3月31日までに事務所へ届けがない場合は墓所は更地にされ、骨は無縁墓地に改葬されてしまいます。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。