メイン » » » 永田錦心
ながた きんしん

永田錦心

ながた きんしん

1885(明治18)〜 1927(昭和2)

明治・大正期の琵琶師

埋葬場所: 2区 1種 13側 10番

 本名武雄。美声で豪壮な芸風をもって知られ、大正時代には高峰筑風とならんで当代の二名人といわれた。 みずから薩摩琵琶の錦心流という一派をたてて多くの門下を擁し、琵琶が演芸としてもてはやされた時期に華やかな生涯をとじた。

<コンサイス日本人名事典>


*大きな石というよりも岩に「錦心永田武雄家之墓」と刻まれ、コケなどが付着しており、周囲も木におおわれ薄暗い。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。