メイン » » » 永田菊四郎
ながた きくしろう

永田菊四郎

ながた きくしろう

1895.11.29(明治28)〜 1969.9.18(昭和44)

昭和期の教育者、法学博士

埋葬場所: 25区 2種 1側

 長崎県出身。1921(T10)日本大学専門部法律学科卒業。同年、弁護士試験に合格。 '23ドイツのハンブルグ大学に留学し、ドクトル・ユーリス学位取得。'30(S5)日本大学法文学部教授となり、民法や無体財産法を教える。 主な研究は知的財産権、工業所有権法、親族法、相続法。また、水泳部長として古橋広之進、橋爪四郎らを育てた。
 その後、法文学部長、理事、学長を経て、'58日本大学第5代総長に就任。'69名誉総長。 また日本学術会議会員、日本学士院会員選考委員、文化功労者及び文化勲章受章者選考委員を歴任。 '60(S35)日本大学創立70周年記念事業の一環として「日本大学明誠高等学校」を創設し、初代校長にも就任。 その他、附属高等学校の設立にも尽力した。主な著書に『法学通論』『新民法要義』など。法学博士。従3位 勲1等。享年73歳。

<講談社日本人名大辞典>
<墓碑など>


墓地

*墓石は和型で「永田家之墓」。右側に「永田菊四郎碑」が建つ。碑文の最後に「至誠一貫 努力ハ天才ヲ凌駕ス」と刻む。左側に墓誌がある。戒名は教王院永潤秀菊居士。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。