メイン » » » 宮本金八
みやもと きんぱち

宮本金八

みやもと きんぱち

1878(明治11)〜 1970.10.29(昭和45)

大正・昭和期のバイオリン製作者

埋葬場所: 1区 1種 3側

 東京出身。西洋建築の大工の家に生まれる。1888(M21)僅か10才の時に、創設間もない日本楽器(ヤマハ)に入社。 当初は木製オルガンの修理に携わったが、'10頃からバイオリン修理及び製作を始め腕を上げていった。'15(T4)自作第一号を製作。
 '19独立し、自宅で楽器製作を続けた。バイオリン修理、製作技術は素晴らしいものがあり、東洋のストラディヴァリウスと言われ、国内外から高い評価を受けた。 日本のバイオリニストを多くを育てたモギレフスキーをはじめ、海外の一流のバイオリニストのクライスラー、ジンバリスト、ハイフェッツらにも絶賛したという。 バイオリン愛好者であったイタリアのムッソリーニに自作を贈っている。 科学者アインシュタインもバイオリン愛好家であり、'22(T11)来日した際に、宮本の最も自信作であるバイオリンを試奏したという。 このバイオリンは、2000(H12)遺族より武蔵野音楽大学の楽器博物館に寄贈された。
 '57紫綬褒章を受章。日本弦楽器製作者協会名誉会員。弟子にガットギター製作で有名な中出阪蔵(1906〜1993)らがいる。享年92歳。

<森光俊様より情報提供>


*墓石は和型で「宮本金八之墓」。右面に俗名、没年月日、行年が刻 む


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。