メイン » » » 小坂一也
こさか かずや

小坂一也

こさか かずや

1935.5.30(昭和10)〜 1997.11.1(平成9)

昭和・平成期の歌手、俳優

埋葬場所: 21区 2種 61側 10番

 愛知県名古屋市出身。幼少期より東京で育ち、小学校から高校まで成城学園で学ぶ。同級生で政治家・首相となる羽田孜とは親交が深かった。高校在学中より進駐軍回りのバンドに入り演奏。1952(S27)藤沢恵治の誘いでワゴン・マスターズにボーカルとして参加。高校を中退し、'54コロンビアレコードから「ワゴン・マスター」でデビュー。
 リードボーカルで活躍し、カントリーアンドウエスタン、ロカビリーの歌手としてアイドル的な人気を集め、'56よりエルヴィス・プレスリーのカバーにも力を入れ「和製プレスリー」の異名もとった。レイモンド服部の訳「ハートブレイク・ホテル」がヒット。他のヒット曲には「青春サイクリング」(1957)などがある。
 日本でもっと早くロックンロールを発表した一人であり、その後のロカビリーブーム、アメリカンポップスのカバーブーム、GSブームと洋楽を取り入れた歌が歌謡界を席巻する火付け役となった。'56〜'58NHK紅白歌合戦にも3回連続出場。「ハートブレイク・ホテル」「青春サイクリング」「ココロにしみるブルース」を熱唱し、NHKで初めてロックンロールを歌った歌手となる。
 '57年に映画俳優の青春スターとしてデビュー。デビュー作は『星空の街』。当初は歌を歌う役がほとんであったが演技力が認められ、'58松竹と契約し本格的俳優へ転身。同年、木下恵介監督の「この天の虹」の演技が注目され、以降も木下作品や舞台、テレビドラマなどに数多く出演した。
 80年代、90年代は渋い中年役として、「マルサの女」(1987)、「私をスキーに連れてって」(1987)、「仔鹿物語」(1991)、「キャンプで遭いましょう」(1995)、「失楽園」(1997)などに出演。'90(H2)少年期の回想記『メイド・イン・オキュパイド・ジャパン』を出版している。
 '74長年同棲相手であり未入籍の事実婚であった女優の十朱幸代と挙式をあげるも破局し、'77一般人と再婚。晩年はガンを患い闘病生活の中でも俳優と歌手活動を継続していたが、食道ガンのため東京・国立がんセンター中央病院にて逝去。享年62歳。

<日本芸能人名事典>
<日本タレント名鑑>
<朝日新聞記事 平成9年11月>


*墓石は和型「小坂家之墓」。左面に戒名「釋一声」と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。