メイン » » » 駒田好洋
こまだ こうよう

駒田好洋

こまだ こうよう

1877.7.1(明治10)〜 1935.8.11(昭和10)

明治・大正・昭和期の活弁家

埋葬場所: 14区 1種 26側 2番

 本名万次郎。大阪の呉服商の家に生れたが、少年の大志に駆られてアメリカに密航し、放浪二ヶ月余ののち持金に窮して帰国、上京して京橋際の広告代理業者広目屋の店員となり、1897(M30)2月エジソン発明のバイタスコープ(活動写真)が輸入されてその披露興行一切を受け持ったのを縁に、同年5月映画の解説者(活弁)となり、洋行帰りということで好洋と改名、エジソンの直弟子と名乗り、片言の英語などを交えて得意の弁舌を振るった。 口ぐせの形容詞「頗る非常」が時の流行語となったので、宣伝に「頗る非常大博士」の文字を刷り込み、日本全国を巡業して人気者となった。 輸入フィルム中心の興行だったが、折しも起きた北清事変や日露戦争の実写が、活動写真の人気に火を付けた。 巡業が衰微してからは、上野動物園裏の自宅でセカイフィルム社を経営し、所蔵の日露戦争実写や「ジゴマ」などのフィルムを賃貸した。

<国史大辞典>
<MATHU様より情報提供>


こまだ こうよう

*墓所内には駒田家之墓の左隣りに駒田好洋の名が刻まれた墓石が建ち、その手前にたぬき石が立つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。