メイン » » » 川面凡児
かわづら ぼんじ

川面凡児

かわづら ぼんじ

1862(文久2)〜 1929(昭和4)

明治・大正期の神道家

埋葬場所: 6区 1種 13側 14番

 豊後(ぶんご)生まれ。名は恒次。故郷で山岳修行を積み、漢学を修め、1885(M18)上京。 古典を研究。96(M29)「自由党党報」を主宰、「長野新聞」「紀州熊野新報」の主筆も務めた。 1906(M39)稜威会(みいず)を創立、大日本世界教を宣布する。その禊(みそぎ)行事は全国的隆盛を見た。

<新潮日本人名辞典>


墓所 碑


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。