メイン » » » 桂 潜太郎
かつら せんたろう

桂 潜太郎

かつら せんたろう

1854.12.9(安政1)〜 1928.11.21(昭和3)

明治・大正期の宮中顧問官

埋葬場所: 2区 1種 13側 21番

 山口県士族細迫禮介の長男として長州阿川村に生れる。1884(M17)先代庄右衛門の養子となり、絶家桂家を興す。 11歳の時脇釜嶽の私塾に入り漢学詩文を学び、ついで阿川文学寮に経史を修め、のち東京専門学校校外生となり英法の講習を受ける。 1876(M9)華族部長局に出仕し、1882(M15)宮内省内に華族局設置の際に属官となる。 のち爵位局主事、宮内書記官を兼ね、東宮主事に転じ、東伏見宮別当を兼務し、富美宮、泰宮後養育掛長を兼ね、1913(T2)宮中顧問官となる。従三位勲二等。

<平凡社『日本人名大事典』>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。