メイン » » » 片山孤村
かたやま こそん

片山孤村

かたやま こそん

1879.8.29(明治12)〜 1933.12.18(昭和8)

明治・大正・昭和期のドイツ文学者

埋葬場所: 13区 1種 27側

 山口県佐波郡八坂村に生れる。本名は正雄。東京帝大独文科卒。 1911(M44)よりドイツに3年間留学。帰朝後第三高等学校教授兼京都帝大文学部講師となり、 のち九州帝大法文学部教授に転じた。ドイツ文学の紹介に努め、またドイツ語界の第一人者として著名であった。東京で没。
 著書には『雙解独和大辞典』『男女と天才』(訳述)『最近独逸文学研究』『伯林』『独逸文法辞典』『現代の独逸文化及文芸』などがある。

<平凡社『日本人名大事典』>
<昭和物故人名録>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。