メイン » » » 藤井種太郎
ふじい たねたろう

藤井種太郎

ふじい たねたろう

1881.11.22(明治14)〜 1968.6.22(昭和43)

大正・昭和期の倫理学者、教育家

埋葬場所: 14区 1種 22側

 東京出身。1911(M44)京都帝国大学文科大学哲学科卒、明治専門学校教授。'18(T7)学習院教授、'20広島高師教授を経て、'32〜'46(S7〜S21)宮中顧問官内親王伝育掛長。 その後、'50福岡学芸大教授、'53同大学学長、'57退職。著書に『カント倫理の批判』(目黒書店、1934)がある。
 このなかで藤井は、在来の倫理学はすべて幸福を追求するものだが、カントの倫理学は幸福を追求しない新機軸なものとみなし、さらに、カント的理性批判を自己のものとすることによって、非カント的倫理学とカント的倫理学との統一を試みている。文学博士。

<近代日本哲学思想家辞典>
<MATHU様より情報提供>


*墓所内には墓誌碑が建ち、簡略歴などが刻まれている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。