メイン » » » 平山 周
ひらやま しゅう

平山 周

ひらやま しゅう

1870(明治3.3)〜 1940.4.21(昭和15)

明治・大正期の中国革命支援家、大陸浪人

埋葬場所: 6区 1種 4側

 筑前国夜須郡(現在の福岡県筑前町)出身。号は二楸庵、万里。東洋英和学校卒業。宮崎滔天のアジアの反植民地民族運動を支援に賛同し、1893(M26)パークナム事件に端を発する「シャム開拓移民計画」が起こると宮崎とともにシャム国(タイ)に同行し参加した。
 1895(M28)犬養毅の斡旋で、外務省派遣のかたちで清国に渡り、中国革命援助のため秘密結社調査をしていた。同年、日清戦争終結後、孫文は広州で武装蜂起(広州蜂起)を企てたが密告され頓挫し、1897宮崎の紹介で頭山満と出会い、頭山を通じて平岡幸太郎から援助を受け亡命。その際、孫文を亡命させるため滞日理由を平山が語学教師(家庭教師)をするという名目として入国申請をした。
 平山は孫文の号の「中山」の命名者でもある。孫文の日本滞在時に同行し、犬養毅と初面会を終えて京橋の対鶴館に宿泊する際、番頭が宿帳をもってきた。亡命の身であるため偽名を使うことにしたが、孫文が「お前の名前でよい」と言い、「同じ名前じゃ変だから」と考えた結果、ちょうど道すがら日比谷に中山忠能侯爵邸があったことを思い出し、「中山」にしようとなった。名前は孫文が「俺は中国の山樵だ」ということで「樵」(きこり)という名前にした。以降、「中山樵」を名乗るようになったが、孫文は「中山」を気に入り号とした。中国では孫文という名よりも「孫中山」の名称が一般的に広く知られている。なお亡命中の早稲田の屋敷は犬養が斡旋した。
 1898再び渡清し、戊戌政変に際しては孫文派である梁啓超に同行して彼の日本亡命を助けた。1899フィリピン独立革命を支援するために現地に渡った。1900孫文派の革命党が武装蜂起した恵州蜂起で宮崎とともにこれを支援。1905宮崎らと援助し興中会、光復会、華興会を糾合して中国同盟会結成に参加。'06宮崎と和田三郎(板垣退助の秘書)、萱野長知らと革命評論社を設立。『革命評論』を創刊して、孫文の辛亥革命の支援を加速させた。著作に『支那革命党及秘密結社』がある。
 '11革命援助のための秘密結社調査がのち、「支那革命党及秘密結社」と題して公表されたが、一貫して革命運動を支援し功績も多大であった。この年、辛亥革命が起こり、翌年、孫文を臨時大統領とする中華民国が南京に成立した。'13孫文は国会議員選挙において中国同盟会を発展させ、孫文が理事長である「国民党」が870議席中401議席を獲得。宋教仁を総理としたが、清朝の実力者である袁世凱は強権政治を取り入れ権力拡大をはかり、宋教仁を暗殺し国民党の弾圧をはじめ、第二革命が始まった。'14(T3)袁世凱は議会解散を強行し、孫文は日本に亡命。亡命中の孫文は宋慶齢と東京で結婚式をあげ平山は列席している。'15袁世凱は共和制を廃止し帝政を復活させ、自らが中華帝国大皇帝に即位したが、すぐさま第三革命が展開される。翌年、袁世凱は病死。この間、陰に陽に革命派を助け革命援助に活躍した。なお、'19孫文は中国国民党を創建し、'21後の国民政府の基となる革命政府を広州に樹立したが、'25孫文は死去した。
 孫文死去後の後継者は蒋介石が着任。上海クーデターを起こし上海や武漢で中国共産党員を掃討する運動を展開し北伐を完遂し、中華民国の統一を果たす。国民政府は蒋介石の南京国民政府と、これに反対する汪兆銘らの武漢国民政府に分裂するが、間もなく両者は合流。この時、'31(S6)南京国民政府から平山は陸海空軍総司令部顧問に任じてその功に報いた。享年70歳。
 蛇足であるがその後の展開を記す。'31柳条湖事件で満州事変が勃発し、'32日本により満州国が設立され、'37盧溝橋事件をきっかけに日本と南京国民政府との間で日中戦争が勃発。南京陥落後、蒋介石らは武漢、重慶へ撤退。'38日本は汪兆銘を支援し南京に汪兆銘国政府を成立させる。'41太平洋戦争が勃発し、蒋介石は連合国共同宣言に署名し中華民国は欧米側についた。日本敗戦後、戦勝国となり、蒋介石は中華民国の初代大統領に就任するも、毛沢東や周恩来の共産党軍と国共内戦に突入し、翌年辞任に追い込まれ敗北、台湾に逃げ、台北への遷都を強いられ現在に至る。'49本土は共産党軍が中華人民共和国を建国し現在に至る。

<コンサイス日本人名事典>
<講談社日本人名大辞典>
<世界大百科事典>
<日本歴史大事典>
<鷲尾義直編「犬養木堂伝(中)」など>


*墓石正面は「平山周墓」。字は「頭山満」でその刻みもある。裏面に略歴等刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。