メイン » » » ハインリッヒ・ウェルクマイスター
Werkmeister, Heinrich

ウェルクマイスター

Werkmeister, Heinrich

1883.3.31(明治16)〜 1936.8.16(昭和11)

明治・大正・昭和期の
音楽家(チェロ)、作曲家

埋葬場所: 外人墓地区 1種 11側

 ドイツのバルメン出身のドイツ人。ベルリン音楽学校に入学し、チェロをR.ハウスマンに学び1907(M40)に卒業した。 同年12月来日し東京音楽学校チェロ教師となり、1921(T10)まで在職したが一旦帰国、'23再び来日した。 彼は東京音楽学校の他にも東京高等学院、東洋音楽学校等でチェロを教え、わが国のチェロ演奏の普及に尽力した。 さらにA.ユンケルとともに、わが国管弦楽界の育ての親として知られている。ユンケルと室内楽を日本に紹介、作曲の指導も行った。 帝国劇場歌劇部のためにバレー曲「胡蝶の舞」や歌劇「釈迦」を作曲、またピアノ協奏曲やチェロの小曲等の作曲も行った。東京において死去。

<来日西洋人名事典・増補改訂普及版>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。