メイン » » » カール・フォン・ウェーゲマン
Weegemann, Carl von

ウェーゲマン

Weegemann, Carl von

1879.1.15(明治12)〜 1960.5.9(昭和35)

大正・昭和期のドイツ語教師、
日独友好関係尽力者

埋葬場所: 外国人墓地区 1種 4側

 ドイツのケルン出身のドイツ人。 ミュンヘン大学およびハイデルベルク大学において美術文化史を専攻し、ミュンヘン大学より哲学博士号を取得。 1920(T9)来日して松山高等学校、陸軍大学等でドイツ語を教授し、またO.A.G.(日独協会)会長としてもその再建に努力した。 その後日本医科大学、成蹊大学等で教えた。その間『日本の歴史』、『日本の教育』等を執筆し、広く日本文化を海外に紹介した。 1959(S34)永年の功績に対し、日本政府より勲四等旭日章が贈られた。入院中の聖母病院にて死去。

<来日西洋人名事典・増補改訂普及版>
<MATSU様より情報提供>


*左側は西山家、右側がウェーゲマンの墓石が繋がって建立されている。 ウェーゲマン側には、十字架が刻まれ、その下に DR.PHIL CARL VON WEEGMANN の名前と生没年月日が刻まれている。 裏面にはウェーゲマンの略歴が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。