メイン » » » 上原敬二
うえはら けいじ

上原敬二

うえはら けいじ

1889.1.5(明治22)〜 1981.10.24(昭和56)

大正・昭和期の造園研究家、林学博士

埋葬場所: 6区 1種 11側

 東京市深川区出身。第一高等学校を経て、1914東京帝国大学林学科卒業。大学院に進み、森林美学、造園学、樹木学、建築学などを専攻。明治神宮造営局技手などを経て、'18(T7)上原造園研究所を設立。'20神社林の研究により林学博士。同年、造園学研究のため欧米諸国へ留学した。'24関東大震災後の首都復興のための技術者養成を目指して、東京高等造園学校を設立し、校長に就任。以降、造園教育に邁進する。
 '25日本造園学会、日本児童遊園協会を創立。その他、日本庭園協会(1918)、日本造園士会(1938)等の創立に関与し発展に尽力。その間、政府代表として汎太平洋学術会議に出席。
 '53(S28)東京農業大学教授。'75停年退官し名誉教授。東京高等造園学校を含め、その間の教え子5000有余名に達す。また生涯で約250の公園・庭園などを設計するなど庭園・都市公園の学問的体系化と技術開発に貢献した。主な著書に、『造園学汎論』(1924)、『日本風景美論』(1943)、『樹木大図説』(1959)など、200冊以上に及ぶ。東京三鷹市にて逝去。享年92歳。

<20世紀日本人名事典>
<「上原敬二年譜」墓誌碑より>


墓所 碑

*墓石正面「上原敬二」。右に「上原敬二年譜」と題した墓誌碑、左に十字架が刻む墓誌が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。