メイン » » » 伊藤武彦
いとう たけひこ

伊藤武彦

いとう たけひこ

1891.11(明治24)〜 1939.10.27(昭和14)

大正・昭和期の官吏、県知事

埋葬場所: 20区 1種 15側 3番

 岐阜県出身。伊藤伊八郎の三男。1914(T3)文官高等試験に合格し、翌年、東京帝大法科政治科卒。 のち内務省に入り富山県警視、千葉県市原郡長、朝鮮総督府秘書官、内務省参事官、内務書記官等を歴任、警保局・土木局・衛生局各課長を経て岐阜県知事に任じ、'32(S7)滋賀県知事、'34(S9)福島県知事となり、更に、'37(S12)7月に第26代岡山県知事に就任した。 日中戦争勃発の日に発令され、早速、軍人遺家族援護会事業を始め、その運動の講演会が深柢小学校講堂で開かれた際、講演中に壇上で倒れる。再起不能で10月に休職。従四位勲三等。

<日本の歴代知事>
<昭和物故人名録>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。