メイン » » » 石井国次
いしい くにじ

石井国次

いしい くにじ

1874.11.3(明治7)〜 1954.3.3(昭和29)

明治・大正・昭和期の教育家

埋葬場所: 11区 1種 14側

 茨城県出身。1899(M32)東京高等師範学校文科卒。福岡県豊津中学校教諭をへて、東京高等師範学校研究科に学んだ。 1902学習院教授となり、'05初等学科主任、'19(T8)初等学科長に就任した。 この間'14(T3)4月より'19(T8)6月まで東宮御学問所御用掛をつとめ、'20から一年間欧米各国へ視察のため出張。1936(S11)2月依願免官後直ちに宮中顧問官に任ぜられた。

<平凡社『日本人名大事典 現代』>
<MATSU様より情報提供>


墓所

*墓石は和型「石井家之墓」。裏面に「昭和十年八月 石井國次 建之」と刻む。左側に墓誌があり、戒名は純徳院殿則眞廣道大居士。妻は とも。墓所右側に「石井先生頌徳碑」が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。