メイン » » » 五十嵐健治
いがらし けんじ

五十嵐健治

いがらし けんじ

1877.3.14(明治9)〜 1972.4.10(昭和47)

明治・大正・昭和期の
日本初のクリーニング事業家、伝道者

埋葬場所: 16区 1種 2側 3番

 自由党の県議船崎資郎の子として新潟県に生れ、父母が離婚したため、五十嵐家の養子となる。高等小学校卒業後、丁稚や小僧を転々とし、日清戦争に際し17歳で軍夫(輸送隊員)を志願して中国へ従軍。 三国干渉に憤慨しロシアへの復讐を誓い北海道からシベリアへの渡航を企てるが、だまされて、原始林で重労働を強いられるタコ部屋へ入れられ、脱走して小樽まで逃げた時、旅商人からキリスト教のことを聞き市中の井戸で受洗。
 その後、上京して三越に入り、宮内省掛りとなる。しかし、日曜礼拝に出席できぬため退社し、1906(M39)白洋舎創立。ドライクリーニングの研究に没頭し、翌年独力で日本で初めて水を使わぬ洗濯法の開発に成功。 '20(T9)白洋舎を株式会社に改組した時、その経営方針の第一に「どこまでも信仰を土台として経営すること」をあげている。また本社の近くや多摩川工場内にも会堂を建て、様々な機会をとらえて社員に福音を伝えた。
 太平洋戦争が起ると社長を退き、以後聖書を学ぶことと福音の宣伝に心を砕き、80歳の頃クリーニング業者福音協力会を起した。 『家庭と洗濯』(13)、『最新家庭洗濯法』(29)など啓蒙書を著すとともに、同信社の『恩寵と真理』、『福音時報』に投稿を続け、H.G.ブランドの日曜礼拝の話を『ブランド講演集』として編集(24)。 また『詩篇の味わい』(正続)(56,61)、自叙伝『キリスト信仰とわが体験』(59)、藤尾正人編の伝記『恩寵の木洩れ日』(83)がある。三浦綾子が五十嵐健治を主人公にして小説『夕あり朝あり』(1987)出版した。

<日本キリスト教歴史大事典>
<MATSU様より情報提供>


*五十嵐家の右側に洋型の墓石があり、正面に「信仰によりて 今なお語る」とヘブルトの手紙(第11章4部)が刻み、 裏面に簡略歴が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。