メイン » » » 青柳 優
あおやぎ ゆたか

青柳 優

あおやぎ ゆたか

1904.2.1(明治37)〜 1944.7.30(昭和19)

昭和期の詩人、文芸評論家

埋葬場所: 23区 1種 7側

 長野県出身。1930(S5)早稲田大学文科英文科卒。ダダイズム詩人として出発、「散文精神の内的解体である」を主宰した。 のち文芸評論に転じ、「稲門文学」「文陣」などを経て、第3次「早稲田文学」の編集同人となり、昭和10年代には寺岡峰夫らと新進評論家として活躍した。 '39(S14)「現実批評論」を刊行、以後「文学の真実」「批評の精神」などを刊行。 また大正文学研究会でも活躍し、小学館版「近代日本文学研究」全6冊を編纂した。

<森光俊様より情報提供>


*墓石正面は「青柳家」。裏面に「青柳院章譽好文優学居士 昭和19年7月30日歿 41才」と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。