メイン » » » 青木角蔵
あおき かくぞう

青木角蔵

あおき かくぞう

1837.2.9(天保8)〜 1901.1.7(明治34)

幕末・明治期の生糸貿易商、百草園開園者

埋葬場所: 7区 1種 15側

 武蔵国南多摩郡七生村百草里(東京都日野市)出身。青木宇右衛門の長子。 1830安政の末頃に横浜へ行き、イタリア人に学び、生糸貿易をはじめた。
 明治に入り、新政府の神仏分離令によって、故郷の松連寺が廃仏毀釈運動により廃寺となったため、1886(M19)松連寺旧跡を譲り受け、園庭旧室を修復、地名をとり「百草園」と称し、翌年4月3日から一般に公開した。 当日はあいにくの雨天であったが、花火を上げて興を添えた。 以後、百草園は文人の間で知られ、明治期に北村透谷、若山牧水、徳富蘆花、依田学海などに愛された。 詩人・随筆家の大町桂月もここを訪れて、青木角蔵の行為に触れ、「天下の名所を私せずして、衆庶の縦覧に供するこそ有難けれ」と書いている。 のち百草園は'57(S32)京王電鉄株式会社の所有となったが、現在でも約800本の紅梅・白梅があり、芭蕉句碑、若山牧水歌碑、菊池五山詩碑などが建ち、憩いの場とされている。
 1864(元治1).6.2内田比佐と結婚するが、男児に恵まれなかったため、1869(M2)同郷七生村百草里出身の青木新左衛門の二男である青木虎吉(1867.7.20〜1902.7.12 同墓)を養子とした。 虎吉は1883.(M14)12月角蔵の養子をはずれ、復帰し生家に戻るが、翌年2月に熊澤家養子となる。1887.11.28青木考吉の長女の勢運と結婚し、二男一女を儲け、1902.6.26再び先養家の青木となった。 しかし、角蔵が没する前に虎吉が先に病没したため、虎吉の長男である青木都之輔(同墓)が養子となり、角蔵没後に青木家の家督を継承した。

<青木家墓誌および碑より>
<『多摩文学散歩』横山吉男>


青木都之輔
1889.10.22(明治22)〜 1969.4.18(昭和44)
大正・昭和期の銀行家
 横浜出身。青木虎吉の長男。後に虎吉養父の角蔵の養子となる。1901(M34)角蔵が没したため、家督を継承する。 '15(T4)東京帝国大学法律学科卒業。横浜正金銀行に入り、大阪、香港、新嘉坡、佛国リヨン市の各支店および本店に勤務し、'28(S3)帰国して、東京支店を歴任した。享年81歳。
 弟の青木健一(1894.10.26〜1923.9.1)も慶応義塾大学卒業後、住友銀行横浜支店勤務し、銀行家の道を歩んだが、30歳の若さで関東大震災により没した。 なお、母である青木勢運も関東大震災で命を落とした。なお、都之輔は'18(T7)に結婚した上原愛との間に、三男二女を儲けた。 二男の青木謙二は海軍兵学校第73期卒であり、'45.5.21北海道苫小牧沖戦で戦死した。海軍大尉。

<青木家墓誌より>


青木謙二
1923.5.17(大正12)〜 1945.5.21(昭和20)
海軍大尉
 都之輔の次男。新嘉坡出身。海軍兵学校(73期)卒業。霞ヶ浦航空隊付。 1945.5.21北海道苫小牧沖戦で、三沢基地から千歳基地に向かう途中、苫小牧沖で行方不明となる。正七位 勲六等 享年22歳。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。