メイン » » » 雨宮昌吉
あめみや しょうきち

雨宮昌吉

あめみや しょうきち

1919.7.10(大正8)〜 1983.10.13(昭和57)

昭和期の俳人

埋葬場所: 24区 1種 11側

 東京都新宿区荒木町生れ。中央大学専門部商科卒。
 戦前、見学玄の下で初めて作句。軍隊で瀬田貞二を識り、その機縁で1946(S21)「万緑」創刊と同時に入門、中村草田男に師事。'57「万緑」同人。 句集に「泉の央」、遺句集に「白き歳月」。36年第8回万緑賞。俳人協会所属。また安藤建設監査役など実業面でも活躍した。

<詩歌人名事典>
<MATSU様より情報提供>


墓所

*墓石は「雨宮家之墓」。裏面に昭和三十五年八月に雨宮昌吉が建之。左側に昌吉の句碑が建つ。

“燈台の 白き歳月 あきつとぶ″
「中村草田男を師として萬僂法 その生涯を愉む」と刻む。

●=漢字が読めません


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。