メイン » » » 赤司初太郎
あかし はつたろう

赤司初太郎

あかし はつたろう

1874(明治7)〜 1944.2.12(昭和19)

明治・大正・昭和期の実業家、財界人

埋葬場所: 10区 1種 7側

 高知県出身。日清戦争期に陸軍軍属として台湾に渡る。台湾で雑貨店等をはじめ、樟脳製造業で成功し、次いで鉱業、製糖業、新聞事業などを起こす。 東邦炭砿、満洲製糖、昭和製糖、台湾電燈、台湾バルブ、台湾日日新報、台湾鉄道などの経営を行い、そのほかの多くの企業の取締役をつとめた。 主に台湾の産業界で活躍し、後に証券会社の経営にも携わった財界人である。また地方のさまざまな公職も歴任している。
 1940(S15)東京発動機株式会社(現・トーハツ)の2代目社長に就任。 就任してすぐに陸海軍の協力管理工場に指定され、当時唯一の小型ガソリンエンジンの軍需工場として開発、生産にて大躍進させた。 初太郎の長男の赤司大介(1913-1992 同墓)は、後にトーハツの社長となっている。享年70歳。土師清二が 『赤司初太郎伝』(1948)を著している。

<植民地帝国人物叢書など>


赤司初太郎君墓碑 墓所

*墓所正面に和型「赤司家之墓」。墓誌があり、戒名は大善院殿?上日釋居士。墓所入口左側に「赤司初太郎君墓碑」が建つ。

*長男の赤司大介(同墓)は東京発動機社長を務めた実業家。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。