目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

line-height

対応状況
N7.0
Win
N6.0
Win
e6.0
Win
e5.5
Win
e5.0
Win
e5.0
Mac
e4.5
Mac
O7.0
Win
O6.0
Win
normal | <数値> | <長さ> | <パーセンテージ> | inherit
初期値 normal
適用 すべての要素
継承 する(詳細は以下)
レベル -
値の範囲 "0"以上
パーセンテージ 要素それ自身の文字の高さ
メディア visual

行の高さの最小値を指定します。行のベースラインから次の行のベースラインまでの距離、と覚えておけば、そう差し支えは無いでしょう。

'font'でほかの関連プロパティと合わせて指定する事も可能です。

本当は、この'line-height'の値から'font-size'の値を引いたもの、これが行間のスペースの幅になります。CSSでは、これをリーディングと呼びます。この値の更に半分の事を、ハーフ・リーディングと呼びます。実際には、文字の上と下に、このハーフ・リーディングの幅の分の余白を取ったもの、それがその要素の行としての高さとなります。そうすると、今の行と次の行のハーフ・リーディングがぶつかり合って、調度リーディング分の行間が空きます。

ワンポイント・アドバイス'line-height'の値から'font-size'の値を引いたものを、2で割って、非置換インラインの上下に付け加えたものが、その要素の行として最低維持すべき高さ。

リーディングが負の値になるように指定して、以下のように装飾文字にする事も可能です。

置換要素の場合、このプロパティの値では無く、それ自身の高さ('height'の値又は内在寸法の高さ)が使われますので、このプロパティを指定してもあまり意味がありません。'vertical-align'でパーセンテージを計算する場合には使用されます。

一行の高さに達しないインラインボックスの位置は、'vertical-align'で指定します。

一行の高さは、まずそれぞれの最小の行としての高さを計算して並べ、その後'vertical-align'に従って垂直方向の位置を調整し、そうやって出来た行ボックスのうち、最も高い位置にハーフリーディングの上辺がある要素から、最も低い位置にハーフリーディングの上辺がある要素まで、となります。

Windows版 InternetExplorer独自の'layout-grid-line'と似ていますが、こちらは文字の大きさを含めません。これら2つのプロパティを同時指定した場合は、'line-height'が優先されます。

キーワード解説
normal
デフォルトの行の高さを使用します。1.0〜1.2の数値を与える事が推奨されています。一般的には1.0です。
<数値>
要素それ自身の高さと掛け合わせた値が使われます。つまり、パーセンテージの1/100という訳です。数値を指定した場合は、その値から計算して出た値では無く、その数値自身を継承します
注意点
  1. 数値を指定した場合は、その値から計算して出た値では無く、その数値自身を継承します。
関連プロパティ

page top
最終更新日:2004年11月05日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.