目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

margin

対応状況
N7.0
Win
N6.0
Win
e6.0
Win
e5.5
Win
e5.0
Win
e5.0
Mac
e4.5
Mac
O7.0
Win
O6.0
Win
[ <長さ> | <パーセンテージ> | auto ]{1,4} | inherit
初期値 簡略化プロパティなので定義しない
適用 表内部要素以外のすべての要素
継承 しない
レベル -
パーセンテージ コンテナブロックの幅を参照(詳細は以下)
メディア visual

四辺のマージンの大きさを指定します。

このプロパティを使うと、'margin-top'、'margin-right'、'margin-bottom'、'margin-left'という4つのプロパティを一ヶ所で指定出来ます。

@page規則内の'margin-top'、'margin-bottom'のパーセンテージは、例外的にページボックスの高さを参照します。

キーワード解説
auto
状況により値が変化します。詳細は、水平方向に値として[auto]を使用した場合垂直方向に値として[auto]を使用した場合をご覧ください。

書き方は、以下の通りです。0時から時計回り、足りない値は対辺から、と覚えると良いです。基本的にこの手の簡略化プロパティは、すべてそうです。
div { margin: 2em }            /* 四辺とも 2em */
div { margin: 1em 2em }        /* 上と下が 1em、右と左が 2em */
div { margin: 1em 2em 3em }    /* 上1em、右と左2em、下3em */
div { margin: 1em 2em 3em 4em }/* 上1em、右2em、下3em、左4em */

ワンポイント・アドバイス0時から時計回り、足りない値は対辺から。

マージンは基本的に透明ですが、body要素、html要素といったルート要素に指定すると、例外的に背景が表示されます。

フロートでも絶対配置でも無い要素間では、縦方向のマージンは相殺します。

HTMLでは、img要素 のマージンに"0"では無い適度な値が望まれていますので、そうなっているUAもあるでしょう。

注意点
  1. @page規則内では、相対単位「em」「ex」は使用出来ません。
  2. 'margin-top'も'margin-bottom'も、パーセンテージで参照するのはコンテナブロックの高さでは無くです。
  3. @page規則内の'margin-top'、'margin-bottom'のパーセンテージは、例外的にページボックスの高さを参照します。
関連@規則
関連プロパティ

page top
最終更新日:2004年02月28日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.