目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

Matrix

画像を360度x360度、自在に回転・拡大縮小させます。
基本画像です。

Enabled

true | false
初期値 true

フィルタの使用可・不可を指定します。Boolean型のフィルタプロパティです。

キーワード解説
true
フィルタを使用可能にします。
false
フィルタを使用不可能にします。

FilterType

bilinear | nearest neighbor
初期値 bilinear

拡大・縮小時の色の採り方を指定します。

キーワード解説
bilinear
対象となる画素色を定義する方法として最も近い4画素から平均値を採る方法を採ります。
nearest neighbor(M$の嘘)
対象となる画素色を定義する方法として最も近い画素の値を採る方法を採ります。

Dx

任意の数字
初期値 1.0

対象を回転・拡大縮小させる始点の内容辺左上からのX座標をピクセル値で指定します。このフィルタプロパティはSizingMethodをauto expandに指定すると無視されます。

Dy

任意の数字
初期値 1.0

対象を回転・拡大縮小させる始点の内容辺左上からのY座標をピクセル値で指定します。このフィルタプロパティはSizingMethodをauto expandに指定すると無視されます。

M11

任意の数字
初期値 1.0

1行1列目のマトリクスを指定します。つまり、対象の横方向の倍率を指定します。

M12

任意の数字
初期値 0.0

1行2列目のマトリクスを指定します。つまり、対象の底辺を横方向にどれくらいずらすかを高さに対する比率で指定します。

M21

任意の数字
初期値 0.0

2行1列目のマトリクスを指定します。つまり、対象の右辺を縦方向にどれくらいずらすかを幅に対する比率で指定します。

M22

任意の数字
初期値 1.0

2行2列目のマトリクスを指定します。つまり、対象の縦方向の倍率を指定します。

SizingMethod

clip to original | auto expand
初期値 clip to original

対象が結果として指定範囲からはみ出した場合の処理方法を指定します。キーワードが複数の単語に分かれているので、引用符で括る必要があります。

キーワード解説
clip to original
指定された範囲内でのみ表示し、はみ出した部分は切り取ります。
auto expand
回転・拡大縮小に合わせて、要素の大きさを変更します。この場合、Dx、Dyは無効になります。

page top
最終更新日:2003年09月29日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.