目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

BasicImage

画像に対する様々な効果を演出します。

以下に挙げている以外にも、スクリプトからしか制御出来ないフィルタプロパティが3種あります。それらのフィルタプロパティを使うと、マスキング、90度単位の回転が行えます。
背景にも作用します。
以下の画像を基本にします。

<img src="earth.png" style="
    filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.BasicImage(Invert=1);"
    title="フィルタの例です。">

Enabled

true | false
初期値 true

フィルタの使用可・不可を指定します。Boolean型のフィルタプロパティです。

キーワード解説
true
フィルタを使用可能にします。
false
フィルタを使用不可能にします。

Invert

0 | 1
初期値 0

色を反転させるかどうかを指定します。Boolean型のフィルタプロパティです。

キーワード解説
0
普通のRGB値で表示します。
1
各画素のRGB値の#FFFFFFから引いた値を採って、色を反転させます。

GrayScale

0 | 1
初期値 0

グレースケールで表示するかどうかを指定します。Boolean型のフィルタプロパティです。

キーワード解説
0
普通のRGB値で表示します。
1
RGB値の平均値を採って、グレースケールで表示します。

Mirror

0 | 1
初期値 0

左右反転するかどうかを指定します。Boolean型のフィルタプロパティです。

キーワード解説
0
普通に表示します。
1
左右反転して表示します。

Opacity

0 〜 1
初期値 1

透過にする度合いを指定します。1で完全に非透過、0で完全に透過します。値が小数点以下の場合は、最初の"0"は省略する事が出来ます。

XRay

0 | 1
初期値 0

レントゲン写真のように表示するかどうかを指定します。Boolean型のフィルタプロパティです。

キーワード解説
0
普通に表示します。
1
レントゲン写真のように表示します。正確には、赤と緑の値の平均値を反転させた値をグレースケールで返します。
関連フィルタ
  • Alpha
  • Invert
  • Gray
  • Xray
  • FlipH

page top
最終更新日:2003年09月29日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.