目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

Blur

対象をぼかし、そして透過します。ぼかしていない対象と重ねて用いると、陰のような効果が得られます。というか、むしろそうして使う為のものです。W3Cの意図の反対側にある、物理マークアップの世界です。
背景にも作用します。

progid:DXImageTransform.Microsoft.まで省略すると、また別なフィルタになります。
<img src="earth.png" style="
    filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Blur(MakeShadow=true, PixelRadius=5);"
    title="フィルタの例です。">

Enabled

true | false
初期値 true

フィルタの使用可・不可を指定します。Boolean型のフィルタプロパティです。

キーワード解説
true
フィルタを使用可能にします。
false
フィルタを使用不可能にします。

MakeShadow

true | false
初期値 false

対象を影効果として扱うかどうかを指定します。Boolean型のフィルタプロパティです。

キーワード解説
true
対象を影効果として扱います。つまり、対象を黒で塗り潰します。
false
そのまま表示します。

PixelRadius

1 〜 100
初期値 2

対象をどの範囲でぼかすかを指定します。値が小数点以下の場合は、最初の"0"は取る事が出来ます。

指定された範囲分右下へずらし、更にそこから指定された範囲分ぼかします。

大きな値を指定すると処理に異様に時間を要しますので、注意してください。

ShadowOpacity

0 〜 1
初期値 0.75

透過にするかどうかを指定します。1で完全に非透過、0で完全に透過します。値が小数点以下の場合は、最初の"0"は取る事が出来ます。

関連プロパティ
関連フィルタ

page top
最終更新日:2003年09月29日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.