目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

z-index

対応状況
N7.0
Win
N6.0
Win
e6.0
Win
e5.5
Win
e5.0
Win
e5.0
Mac
e4.5
Mac
O7.0
Win
O6.0
Win
auto | <整数値> | inherit
初期値 auto
適用 'position'が[static]以外の要素
継承 しない
レベル 2-
値の範囲 整数値
メディア visual

スタックレベル(stack level)というもの指定します。これはZ軸、つまり、スクリーンからリーダへの軸を想定しています。スタックレベルが高いものほど手前に、低いほど向こう側に表示されます。

同じスタックレベルのボックスが重なった場合は、ソース上でより後に現れるボックスが上に表示されます。

より正確には、属しているZ座標(スタックコンテキスト(stacking context)と呼びます)からの相対座標を指定します。ルート要素はルートスタックコンテキストを設定します(例えばZ軸に於いて"0")。

あるボックスに対して"z-index: 1"と指定します。すると、Z軸に於いて1の点にきます。更にそのボックスの中にあるボックスに"z-index: -1"と指定します。すると親ボックスがスタックコンテキストとして機能し、そのボックスはZ軸上で1から数えて-1の点、つまり座標上"0"の点に戻って来ます。ボックスは親ボックスの向こう側に、ルートボックスの手前に、挟まれた形で表示されます。

Z軸上で負の値になった時(つまり、表示領域の裏側に来た時)のUAの挙動については書かれていません。

例を見てみましょう。

これで、"z-index: 0"とするともっと向こう側に、"z-index: 4"とするとさらに手前に表示されます。

注意点
  1. このプロパティは、Z軸の絶対座標では無く、相対座標を指定するものです。
問題点
  1. Z軸上で負の値になった時(つまり、表示領域の裏側に来た時)のUAの挙動については書かれていません。
関連プロパティ

page top
最終更新日:2004年05月09日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.