目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

left

対応状況
N7.0
Win
N6.0
Win
e6.0
Win
e5.5
Win
e5.0
Win
e5.0
Mac
e4.5
Mac
O7.0
Win
O6.0
Win

right

N7.0
Win
N6.0
Win
e6.0
Win
e5.5
Win
e5.0
Win
e5.0
Mac
e4.5
Mac
O7.0
Win
O6.0
Win
×
<長さ> | <パーセンテージ> | auto | inherit
初期値 auto
適用 'position'が[static]以外の要素
継承 しない
レベル 2-
パーセンテージ コンテナブロックの幅を参照
メディア visual

top

対応状況
N7.0
Win
N6.0
Win
e6.0
Win
e5.5
Win
e5.0
Win
e5.0
Mac
e4.5
Mac
O7.0
Win
O6.0
Win

bottom

N7.0
Win
N6.0
Win
e6.0
Win
e5.5
Win
e5.0
Win
e5.0
Mac
e4.5
Mac
O7.0
Win
O6.0
Win
×
<長さ> | <パーセンテージ> | auto | inherit
初期値 auto
適用 'position'が[static]以外の要素
継承 しない
レベル 2-
パーセンテージ コンテナブロックの高さを参照
メディア visual

これらのプロパティで位置指定します。それぞれボックスの左辺、右辺、下辺、上辺の位置が参照するコンテナブロックの左辺、右辺、下辺、上辺からどれだけ左、右、下、上に位置してるかを指定します。

キーワード解説
<長さ>
相対配置の場合はその要素自身の、絶対配置の場合はコンテナブロックの四辺からの距離を指定します。
<パーセンテージ>
相対配置の場合はその要素自身の、絶対配置の場合は親要素のコンテナブロックの幅又は高さを参照します。'top'と'bottom'については、コンテナブロックの高さが明確でなく内容量に依存する場合(つまり内在寸法を有せず、且つ'height'で高さが与えられていない要素の場合)、パーセンテージをすべて[auto]として扱います。
auto
この値の効果は、関連のプロパティのうち、どれが[auto]という値を採るかにより異なります。詳細は水平方向に値として[auto]を使用した場合及び垂直方向に値として[auto]を使用した場合をご覧ください。

なお、相対配置の場合、'top'と'bottom'両方が指定されている場合は'bottom'を無視、'left'と'right'が指定されている場合は'right'を無視します。

関連プロパティ

page top
最終更新日:2004年02月28日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.