目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

quotes

対応状況
N7.0
Win
N6.0
Win
e6.0
Win
e5.5
Win
e5.0
Win
e5.0
Mac
e4.5
Mac
O7.0
Win
O6.0
Win
× × × × ×
[ <文字列> <文字列> ]+ | none | inherit
初期値 UA依存
適用 すべての要素
継承 する
レベル 2-
メディア visual

要素を囲う引用符を指定するプロパティです。

このプロパティは、単体では意味を成しません。'content'で書き出す事によって、効果を発揮します。

値の記述のし方は、引用レベルが1の場合の開始引用符、終了引用符、引用レベルが2の場合の開始引用符、終了引用符、という順に記述していきます。例えば以下のようにします。
q { quotes: '"' '"' "'" "'" }
こうして、例えば'content'を以下のように指定すると・・・
q:before { content: open-quote }
q:after { content: close-quote }

q要素 の前には、'quotes'の1つ目の値を参照して「"」、後ろには'quotes'の2つ目の値を参照して「"」が付きます。

3つ目と4つ目は、q要素 の中に、更に q要素 が入れ子になっている場合に使用します。子供のq要素 の前には、'quotes'の3つ目の値を参照して「'」、後ろには'quotes'の4つ目の値を参照して「'」が付きます。5つ目、6つ目、と指定しておくと、更に入れ子になった場合に使用されます。このような具合です。
<p><q>引用した部分<q>引用の中の引用</q>引用した部分</q></p>
という文書があった場合、
"引用した部分'引用の中の引用'引用した部分"
以上のように表示されます。

引用の度合いの事を引用レベルと言います。

引用レベルは'content'に [open-quote] か [no-open-quote] が指定されている要素が1度登場する度に1上がり、'content'に [close-quote] か [no-close-quote] が指定されている要素が1度登場する度に1下がります。つまり、必ずしもSGMLの入れ子レベルと一致しません。':before' に [close-quote] なんて指定すると、引用レベルはマイナスになってしまうところですが、"0"以下にはしない事になっていますので、マイナスにはなりません。また、マイナスになってしまうような箇所では、引用符を表示ししません。

引用レベルが指定されているレベルを超えた場合は、最後の引用符の組を繰り返します。

以下に、よく使われる引用符の一覧を付しておきます。

表示ISO 10646コード
(16進数)
説明
"0022二重引用符
'0027一重引用符(アポストロフィ)
<2039小なり記号
>203A大なり記号
«00AB二重小なり記号
»00BB二重大なり記号
`2018左一重引用符
'2019右一重引用符
``201C左二重引用符
''201D右二重引用符
, ,201E下二重引用符

先にも登場していますが、値にはもう2種類あって、[no-open-quote] [no-close-quote]と言います。この値を使用すると、引用レベルには影響を与えますが、引用符は付きません。

注意点
  1. 引用レベルはSGMLの入れ子レベルから独立しています。
関連プロパティ

page top
最終更新日:2004年02月10日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.