目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google

ブロック要素、インライン要素、置換要素

要素は主にブロック(ブロックレベル)要素インライン要素の二つに大分されます。ブロック要素とは、塊的な要素、インライン要素とは、一行以上の行で構成される要素です。

ブロック要素

ブロック要素は、内容の前後に改行が入り、ブロックを構成するので、必ずその要素の周囲を矩形で囲む事が出来ます。'display: block'に相当します。

HTMLでは、以下に示す要素がブロック要素に分類されています。
address、blockquote、center、dir、div、dl、fieldset、form、hx、hr、isindex、menu、multicol、noframes、noscript、ol、p、pre、table、ul

表示に関する詳細に就いては、ボックスの種類をご覧ください。

インライン要素

インライン要素は、内容の前後に改行が入りませんので、必ずしもその要素の周囲を矩形で囲む事が出来ません。'display: inline'に相当します。

HTMLでは、次に示す要素がインライン要素に分類されています。
a、abbr、acronym、applet、b、basefont、bdo、big、blink、br、button、
cite、code、dfn、em、embed、font、i、iframe、ilayer、img、input、kbd、label、layer、map、nobr、nolayer、object、q、rb、rp、rt、ruby、s、samp、script、select、small、spacer、span、strike、strong、sub、sup、textarea、tt、u、var、wbr

表示に関する詳細に就いては、ボックスの種類をご覧ください。

置換要素

もう一つ、上の2者ほど重要ではありませんが、重要な置換要素も紹介しておきます。

テキストでは無い何かに置き換えられるものです。属性などを用いて大きさが定められた、普通のテキストとは違ったものです。CSS内では少々特殊な扱いを受けます。

HTMLでは、次に示す要素が置換要素に当たります。
hr、isindex、applet、button、embed、iframe、ilayer、img、input、layer、object、select、spacer、textarea

関連プロパティ

page top
最終更新日:2003年09月29日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.