目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
Powered by Google
目次
display
position
left , right
top , bottom
z-index
float
clear
overflow
clip
visibility

UAのバグ 一覧 - 表示・配置 関連

display

Windows版 Netscape
  • 7.0 , 6.x[run-in][compact][inline-table][marker]に対応していない。
  • 7.0 , 6.1[none]はFORMには適用されない。
  • 7.0IFRAME・IMG・INPUT(type="file"を除く)・OBJECT・HR・ISINDEX・BUTTON・TEXTAREAには[list-item]は適用されない。
Windows版 NetscapeNavigator
  • [block]を指定した場合、指定した要素の前は改行し、後は改行しない状態で表示される。
  • [inline]を指定した場合、指定した要素の前は改行しないが、後は改行された状態で表示される。また、文字が重なって表示される場合がある。
  • [list-item][marker][run-in][compact]テーブル関連の値に対応していない。
  • [none]は、DT・DD・TEXTAREAには適用されない。
  • LIに[none]を指定すると、マーカー部分だけに適用される。
  • SELECTに[none]を指定すると、内容のテキストが表示されなくなり、メニューのみ表示される。
  • Q・DFN・ABBR・ACRONYUM・INS・DEL・BUTTON・LABEL・FIELDSET・LEGENDには適用されない。
Windows版 InternetExplorer
  • 6.0 , 5.5 , 5.0 , 4.0[marker][run-in][compact]テーブル関連の値に対応していない。
  • 6.0 , 5.5 , 5.0[inline]は、HRには適用されない。
  • 6.0 , 5.5 , 5.0 , 4.0ABBRには適用されない。
  • 5.5 , 5.0 , 4.0[list-item]に対応していない。
  • 4.0[block][inline]に対応していない。
Macintosh版 InternetExplorer
  • 5.0 , 4.5[marker]テーブル関連の値に対応していない。
  • 5.0[compact]に対応していない(ブロックで表示)。
  • 5.0Qに[block]又は[compact]指定すると、閉じる引用符がブロックの右端に表示される。
  • 5.0HRに[inline]又は[run-in]を指定すると、表示されなくなる。
  • 5.0[list-item]を指定すると、マーカーとして数字が表示される。
  • 4.5[block][inline][list-item][run-in][compact]に対応していない。
  • 4.5ABBRには適用されない。
Windows版 Opera
  • 7.0、6.0[marker][inherit]に対応していない。
  • 7.0TEXTAREA・INPUT・SELECT・FIELDSETに[list-item]を適用しても、ブロックボックスとして整形されるのみ。
  • 6.0TEXTAREA・type="image"以外のINPUT・SELECTには[none]以外は適用されない。(反応はしているようだ)
  • 6.0[run-in]はブロックボックスが後に続かない場合でも、後に続く要素の前にインラインボックスとして整形してしまう。
  • 6.0[inline-table]はキャプション要素があるとうまく効かない。

position

Windows版 Netscape
  • 7.0LEGENDには適用されない。
  • 7.0HRに適用すると、変な位置に表示される。
  • 6.0 , 6.2[fixed]に対応していない。
  • 6.x[relative]の要素を入れ子にすると、正しく表示されない場合がある。
  • 6.xOBJECTに[relative]を指定した場合、正しい位置に表示されない。
Windows版 NetscapeNavigator
  • [fixed]に対応していない。
  • Q・DFN・ABBR・ACRONYUM・INS・DEL・HR・TABLE・LI・DT・DDには適用されない。
  • IMG・OBJECT・INPUT・TEXTAREA・BUTTON・SELECT・LABEL・FIELDSETには正しく適用されない。
Windows版 InternetExplorer
  • 6.0 , 5.5 , 5.0 , 4.0[fixed]に対応していない。
  • 6.0 , 5.5 , 5.0 , 4.0ABBRには適用されない。
  • 4.0[absolute]は、DIV・SPAN・IMG・OBJECT・TABLE・INPUT・TEXTAREA・BUTTON・SELECT・FIELDSETにのみ適用可能。
Macintosh版 InternetExplorer
  • 5.0Qに[relative]を指定した場合、閉じる引用符だけは常に本来の位置に表示される。
  • 5.0UL・OL・DLに[relative]を指定した場合、2つ目以降の項目が正しい位置に表示されない。
  • 4.5UL・OLに[relative]を指定した場合、正しい位置に表示されない。
  • 4.5[fixed]に対応していない。
  • 4.5[absolute]は、DIV・SPAN・TABLE・UL・OL・IMG・HR・INPUT・TEXTAREA・BUTTON・SELECT・FIELDSETにのみ適用可能。
  • 4.5ABBRには適用されない。
Windows版 Opera
  • 7.0FIELDSETには適用されない。
  • 7.0コンテナブロックがインライン要素だと、変な位置に表示される。
  • 7.0非置換絶対配置要素の'top''height'ほか、1つ以上のプロパティを[auto]にすると、正しく適用されない。'height''bottom'を両方[auto]にした場合も同様。
  • 7.0置換絶対配置要素の'top''margin-bottom'ほか、0個以上のプロパティを[auto]にすると、正しく適用されない。'top''margin-top'を両方[auto]にした場合も同様。
  • 6.0href付きA要素又はhref付きA要素を子孫に持つを[fixed]にすると、リンクが機能しなくなる事がある。
  • 6.0:hover を指定したhref付きA要素又はhref付きA要素を子孫に持つを[fixed]にした場合、1ピクセルでもスクロールさせると :hover が適用されなくなる。
  • 6.0[absolute]はTABLE・TEXTAREA・type="image"以外のINPUT・SELECTには適用されない。

left , right

Windows版 Netscape
  • 7.0絶対配置される非置換要素に対して左マージン、右マージンのいずれかと'left'、'width'を[auto]にすると正しく適用されない。
  • 7.0絶対配置される置換要素に対して左マージン、右マージン、'left'のいずれかと'width'を[auto]にすると正しく適用されない。
  • 7.0コンテナブロックがインラインボックスの場合、左内辺からウィンドウ右端までをコンテナブロックとする。
  • 7.0非置換絶対配置要素の'left''width'ほか、1つ以上のプロパティを[auto]にすると、正しく適用されない。'width''right'を両方[auto]にした場合も同様。
  • 7.0置換絶対配置要素の'left''margin-right'ほか、0個以上のプロパティを[auto]にすると、正しく適用されない。'left''margin-left'を両方[auto]にした場合も同様。
Macintosh版 InternetExplorer
  • 5.0"position:relative"の場合、HRには適用されない。

top , bottom

Windows版 Netscape
  • 7.0絶対配置される非置換要素に対して上マージン、下マージンのいずれかと'top'、'height'を[auto]にすると正しく適用されない。
  • 7.0絶対配置される置換要素に対して上マージン、下マージン、'top'のいずれかと'height'を[auto]にすると正しく適用されない。
  • 7.0コンテナブロックがインラインボックスの場合、[top]は無視される。また、[bottom]を指定すると消えてしまう。
Windows版 Opera
  • 7.0非置換絶対配置要素の'top''height'ほか、1つ以上のプロパティを[auto]にすると、正しく適用されない。'height''bottom'を両方[auto]にした場合も同様。
  • 7.0置換絶対配置要素の'top''margin-bottom'ほか、0個以上のプロパティを[auto]にすると、正しく適用されない。'top''margin-top'を両方[auto]にした場合も同様。
  • 6.0"position: absolute"の場合、挙動不審。CAPTIONの場合は背景、ボーダーが表示されなくなる。

z-index

Windows版 Netscape
  • 6.1 , 6.2負の値を指定すると表示されなくなる。
Windows版 NetscapeNavigator
  • "position:relative"の要素に負の値を指定すると正しく表示されない。
Windows版 InternetExplorer
  • 6.0 , 5.5 , 5.0 , 4.0"position:relative"の要素に負の値を指定すると正しく表示されない。
Macintosh版 InternetExplorer
  • 5.0 , 4.5"position:relative"の要素に負の値を指定すると正しく表示されない。
Windows版 Opera
  • 7.0負の値に対応していない。

float

Windows版 Netscape
  • 7.0 , 6.x幅を指定しなくても、適当な領域が確保される。
  • 7.0 , 6.xほかのインライン要素の後に続くインライン要素をフロートさせると、本来表示されるべき位置よりも1行下の位置から表示される。
  • 7.0BUTTONに適用すると、大きなパディングが出現する。
  • 7.0LEGENDを左にフロートすると、FIELDSET内にブロックとして整形される。また、右フロートすると、表示されなくなる。
  • 7.0IFRAME、INPUT type="image"は、適用してもブロックとして整形されるのみ。
  • 7.0ISINDEXに適用すると、幅によって、ライン、テキストボックス、文字の位置が激しく変わる。
  • 7.0TABLEに適用すると、スクロールするとボーダーが消えてしまう。
  • 6.xLABELには正しく適用されない。
Windows版 NetscapeNavigator
  • ほかのインライン要素の後に続くインライン要素をフロートさせると、本来表示されるべき位置よりも1行下の位置から表示される。
  • Q・DFN・ABBR・ACRONYUM・INS・DEL・LI・DT・DD・TABLE・INPUT・LABEL・FIELDSET・LEGENDには適用されない。
  • IMGに指定すると、フロートに続くテキストの1行目の位置がずれる場合がある。
Windows版 InternetExplorer
  • 6.0背景色や背景画像が指定されている範囲内でフロートさせると、回り込んだテキストが表示されない場合がある。
  • 6.0 , 5.5 , 5.0 , 4.0ほかのインライン要素の後に続くインライン要素をフロートさせると、本来表示されるべき位置よりも1行下の位置から表示される。
  • 6.0 , 5.5 , 5.0ABBR・MAP・HRには適用されない。
  • 4.0フロートさせると、'text-align'の値もその方向に変更されてしまう。
  • 4.0SPANを除くテキストのインライン要素には適用されない。
  • 4.0H1〜H6・ABBR・BLOCKQUOTE・PRE・HR・OBJECT・FORM・LABEL・リスト関連要素には適用されない。
  • 4.0INPUT type="checkbox"、"radio"には正しく適用されない。
Macintosh版 InternetExplorer
  • 5.0INPUT type="checkbox"、"radio"には正しく適用されない。
  • 4.5ほかのインライン要素の後に続くインライン要素をフロートさせると、本来表示されるべき位置よりも1行下の位置から表示される。
  • 4.5SPANを除くテキストのインライン要素に指定すると、表示がおかしくなるか、又は適用されない。
  • 4.5INPUTには正しく適用されない。INPUT type="checkbox"、"radio"には適用されない。
  • 4.5ADDRESS・PRE・HR・OBJECT・FORM・LABEL・FIELDSET・LEGEND・リスト関連要素には適用されない。
Windows版 Opera
  • 7.0幅を指定しなくても、適当な領域が確保される。
  • 7.0残りのインラインオブジェクトの長さとフロートボックスの幅が微妙な場合、次の行の同じ位置にフロートされる。
  • 7.0FIELDSETには適用されない。
  • 7.0LEGENDに適用すると、FIELDSETのボーダーが付いて来る。
  • 6.0[inherit]に対応していない。
  • 6.0TEXTAREA・type="image"以外のINPUT・SELECTには適用されない。

clear

Windows版 Opera
  • TABLEには適用されない。

overflow

Windows版 Netscape
  • 7.0 , 6.xOLに[scroll][auto]を指定すると、マーカーが「0」になる。
  • 7.0 , 6.1スクロールバーの一部が表示されなくなる場合がある。
  • 7.0OPTION・OPTGROUPに[auto]を適用すると、[hidden]のように解釈される。
  • 6.xBUTTONには適用されない。
  • 6.xFORMに[scroll][auto]は適用されない。
  • 6.xFIELDSETには正しく適用されない。
  • 6.xテーブル関連では、THEAD・TFOOT・TBODYに対する[auto]とCAPTIONに対する[hidden]を除いて、正しく適用されない。
Windows版 InternetExplorer
  • 6.0UL・OLに指定すると、マーカーが表示されなくなる。
  • 6.0 , 5.5 , 5.0[visible]を指定すると、ボックス自体が内容に合わせて拡張される。
  • 6.0 , 5.5 , 5.0テーブル関連の要素には適用されない。
  • 4.0FIELDSET(hiddenのみ)・DIV以外には適用されない。
Macintosh版 InternetExplorer
  • 5.0DIV・UL・OL・FIELDSET以外のブロックレベル要素に対して[hidden][scroll][auto]を指定すると、内容が表示されなくなる。
  • 5.0テーブル関連の要素には適用されないか、正しく適用されない。
  • 4.5FIELDSET(hiddenのみ)・DIV以外には適用されないか、又は正しく適用されない。
Windows版 Opera
  • 7.0 , 6.0'height'と同時にTABLEに適用すると、ボーダーが表示されなくなる。
  • 7.0セル要素は、初期値が[hidden]。
  • 7.0[scroll]はSELECT・OPTION・OPTGROUP・LEGEND・BUTTONには適用されない。
  • 7.0横スクロールバーのグリッド部又は全部が表示されないことがある。
  • 6.0UL・OLに適用すると、ボーダーが表示されなくなる。
  • 6.0[auto]が[visible]、[scroll]が[hidden]と同様に解釈される。

clip

Macintosh版 InternetExplorer
  • 5.0指定した要素は、何も表示されなくなる。
  • 4.5全く適用されないか、何も表示されない、又は内容が表示されない状態になる。

visibility

Windows版 Netscape
  • 7.0 , 6.x[collapse]を指定すると、該当する部分の表示領域は確保されずに縮められてしまう。
  • 7.0 , 6.xTFOOTを含むテーブルに対して[collapse]を指定すると、表示が乱れる場合がある。
Windows版 InternetExplorer
  • 6.0 , 5.5 , 5.0 , 4.0[collapse]に対応していない。
  • 6.0 , 5.5 , 5.0 , 4.0ABBR・OPTION・OPTGROUPには適用されない。
Macintosh版 InternetExplorer
  • 5.0 , 4.5OPTION・OPTGROUPには適用されない。
  • 5.0[collapse]に対応していない([hidden]を指定した場合と同様の結果になる)。
  • 4.5[collapse]に対応していない。
  • 4.5ABBRには適用されない。
Windows版 Opera
  • 7.0 , 6.0SELECT・OPTION・OPTGROUP・COL・COLGROUPには適用されない。
  • 6.0EMBED・THEAD・TFOOT・TBODYには適用されない。
  • 6.0インライン要素では右ボーダーがあると消えない。また、'text-decoration'の効果は消えない。
  • 6.0TABLEに適用してもCAPTIONが消えない。

page top
最終更新日:2004年05月09日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.