Index  Pseudo Japanese  トップ

正しいマルチメディア用語辞典
日本語版

;
蝉が飛びながら小便を引っかける様を表わす記号。
AC
流れる方向が周期的に、逆になるような電流。
ActiveX
セキュリティという概念がないので使えない技術。
ADSL
xDSL技術の一つ。端末から回線網に対しては16kbps、回線網から端末に対しては1.5Mbpsの方式がある。
Amiga
グラフィックアクセラレータの一種。メインメモリと直接やり取りできるので、非常に高速に処理できる。
anonymous FTP
「FTP」で使用される、ゲスト用IDのこと。
ASPI
Advanced SCSI Programming Interface。SCSIの共通プログラミング・インターフェース規格。
ATM
1.対戦車ミサイル。戦車にしか当たらないミサイル。
2.債権先物オプション取引の中で、行使価格が先物価格に対して有利とも不利ともつかない状態のこと。
bcc:
blind carbon copy。SPAMメールを送信するときに、礼儀として使用する。
bps
bits per second。「ボー」「ボーレート」と混同して用いられるがボーは変調速度のこと。1kbps(1キロbps)は1000bps、1Mbps(1メガbps)は1000kbps(100万bps)である。
CC
CarbonCopyのこと。BCCとは違い受信者以外の宛先が送信者に見えてしまう。
CD-R
一度しか書き込みできないCD。書き込まれたデータは、音楽用CDやCD-ROMで再生することができる。
CERN
欧州素粒子物理学研究所のこと。現在はOrganization Europeenne pour la Recherche Nucleaireとなっている。英語名はEuropean Laboratory for Particle Physics。
CODEC
COder/DECoder。データの圧縮/伸張を行うソフトウェアのこと。
cookie
1.ウェブ上から送られてくるデータ。
2.JavaScriptで焼いて作る洋菓子。作る人の腕によるが、最近美味なものが少ない。
Copyright
著作権のこと。一般に著作者人格権をさす。日本では何かと五月蝿いが、インターネットの世界ではあってないような権利。反:Copyleft(本当にあろうとは・・)
CPU
ComPUterのこと。事情通が好んで使う。
CRT
CathodeRay Tube。暖房用に用いられる巨大なディスプレイ装置のこと。
CSS
Cascading Style Sheets。「スタイルシート」ともいう。
DDR-SDRAM
DIMMの後継メモリ。
DirectCD
CD-R(W)をあたかもディスクのように扱う方式。
DOS/V
MS-DOSに日本語を扱う機能を追加したもの。
DOS/Vパソコン
日本語に対応したPC。
FIFO
ある場所に格納したデータを新しく格納した順に取り出すようにする方式。
GIF
ギフ。たまに某洗剤と同じ名前で呼ばれるが、アレは間違いである。
GIFアニメ
GIF-Animationのこと。ネットワークトラフィックの一因となっている。
IBM
Inferior But Marketable(ダメなのに売れる)の略。
Intimidated By Macintosh(Macにやられっぱなし)の略。
Increbily Boring Machine(とてつもなく下らない機械)の略。
IMAP
メールを受信するためのプロトコル。
INS
NTTが行っているISDNのサービス。
Intel
活版印刷で文字間を調整するために使われるすき間開け。
internat
WindowsとIEが密接に関係しあっている証拠。これが起動しているせいで、IEだけは起動時間が短縮されている。internetという単語自身は命令語と重複する為、1字違いの語が使用されている。Microsoft社はこれでごまかしているつもりらしい。
Internet Explorer
ブラウザのこと。
Internet Express
インターネット特急便。その名の通り、スピード重視のブラウザ。
IPng
IPv6のこと。
IPv6
IPngのこと。
ISP
インターネットに接続させてくれる会社のこと。略してプロパと呼ぶ。
IT
InterneTのこと。IT技術とは、インターネット関連技術を指す。
JavaScript
HTML文章中にscriptタグを使用し直接書き込む形式のスクリプト言語。初心者であることを証明する為に開発されたスクリプト。ステータスバーのスクロールメッセージなどが一般的である。
Javaアプレット
Javaを使った、しばしば無意味なもの。コンピュータを一時停止させる為に使われる。
JPEG
Jointn Pictures Expert Groupの略。非可逆方式で圧縮された画像のこと。
JScript
IEが実装したJavaScriptもどき。
KB
Kilo Byte。1000Byteのこと。
MPEG
Moving Photografic Expert Groupの略。非可逆方式で圧縮された映像のこと。
MS-DOS
ゴルフが大きく貢献したOS。
Netscape Navigator
ブラウザのこと。
NTT
[耳かき]や[耳垢]に似た何か。不満の噴出もとであること多し。客への応対速度は恐らく業界一。
Outlook Explorer
俗に「オートロック」などと呼ばれる、メーラの一種。名前の通り、エクスプローラに似たユーザーインターフェースが特徴。
PNG
ペンギンを描いたスイス製パペットアニメ。
POP
メールを受けるサーバ。
ROM
Read Only Memory。読んでいるだけのメンバー。WWWを情報の取得のみに用いる団体。日本のウェブ上には多数存在する。
PPP
お金がない様子。
RS-232C
Reverse & Storageの略。俗に言うANSI/EIA232-Dのこと。データを1ビットずつやり取りする方式。PC98系は25、PC/AT互換機はD-sub9である。
SCSI
Small Conputer System Interchange。インターフェース規格の一つ。UltraATAよりも高速な伝送速度を誇る。8台まで繋げる。
SGML
HTMLの親戚みたいなもの。
SMTP
メールを送るサーバ。
Socks
靴下のこと。
UPS
わざとコンセントをひっこ抜き「活動限界まで、あと4分53秒!」とか「活動限界です、予備もありません!」とかやって遊ぶ為のもの。
URL
ホームページ・アドレスのこと。
WinMX
WinXPに継ぐ時期バージョン。MP3などのファイル交換に特化している。
Zip
ファイルを米国の郵便番号に変換して圧縮する技術。
アウトソーシング
予算を通しやすくするために輸入された言語。
圧縮
データ量を小さくする為の作業。主な方法として象に踏ませたり、ミートチョッパーにかけたり、万力で締めたりする方法がある。
アップロード
アップ(上げる)してロード(背負う)する事。Up Loadと分けて使うのが正しい。
インターネット
1.世界最大のネットワーク。
2.世界にあるコンピュータを専用の線で結んだネットワークのこと。
インターネットプロバイダ
インターネットを提供する会社。
オートロック
→Outlook Explorer
オーブンソース
オーブンを使用して作るソースの総称。
オフライン
ネットワークやインターネットに接続されていない状態。
オンライン
ネットワークやインターネットに接続されている状態。
オンラインソフト
ネット上から不特定多数の人が入手できるソフト。無料で使えるフリーウェアと、お金を払って使うシェアウェアの2種類。
カーネル
OSの中核に位置する、フライドチキン製造機。
キャッシュメモリ
CPUとメモリの間にあるメモリ。
クッキー
→cookie
クラッカー
他人のコンピュータに侵入してセキュリティの甘いところを指摘している慈善事業者。
グラフィックアクセラレータ
画像の処理速度を上げるためのボード。
クロスポスト
複数のニュースやMLに同じ記事を投稿する事。質問に対する答えを効率良く得る為の手段。これをすると非常に良い回答が得られることが多い。
コピーライト
→Copyright
コンパイラ
プログラムを翻訳するプログラム。
コンパイル
1.プログラムを翻訳すること。
2.「ぷよぷよ」を発売していた会社。
コンピュータ
人間を破滅へと導くために発明された装置。これを使用すると不眠症、腱鞘炎、視力低下、幻覚、肩こり、マルクス主義、記憶力低下、過大妄想、多重人格、ニコチン中毒、暗中模索、名誉挽回、七転八倒、ビープ音、爆弾マーク、唯物論、電気料金、NTT、呉越同舟、ソーラン節、福岡県、フォン・ノイマン、スティーブ・ジョブス、ビル・ゲイツ、江崎玲於奈、成毛ちゃんなどに悩まされ、やがてストレスによって自我が崩壊する。要するにただの計算機である。
コンピュータウィルス
電子世界の病原体のこと。
再インストール
「インストールしたけど動かないよ」って時にサポートセンターに電話すると、必ず言われる合い言葉。
サイト
ホームページと同義。
スイム(SIMM)
メモリ規格の一種。メモリの一部をフロートさせて(泳がせて)扱うことからこう呼ばれる。
ターミネータ
SCSIの終端に取り付ける抵抗。
チェーンメール
RPGなんかでよく出てくる鎧の一種。
鳥類伝送によるIPデータグラムの転送
大都市エリアでの使用を前提とした転送方式。送信側は16進数で紙に印字してそれを鳥の足に付け、受信側はそれを光学的に読み取るというもの。
http://www.imasy.or.jp/~yotti/rfc1149ej.txt (邦訳)
チルダ
1.キーボードでしばしば表示が二つ左にずれている文字。
2.アカウントの頭に良く使用される文字。少し前は問題視されたが、今はそれも無くなった。
ツリー構造
木を逆さにしたような形で表現されたデータ構造。
ディスクトップ
1.ユーザーの作業領域のこと。40倍速で回転している。
2.卓上で扱うパソコン。くどい様だが、40倍速で回転している。
テキストファイル
ほとんど文字データだけで構成されたファイル。
デジタル
易学、八卦の原理。
テレホーダイ
NTTが通信事業の普及と拡大に貢献していると勘違いしているサービス。人間の生活リズムを大いに無視した形容しがたいサービス。
ドメイン・ネーム
インターネットに接続しているコンピュータに付けられた名前。
ネチッケト
ネット上のマナーのことらしい。
ネットエスケープ
会社などでの勤務時間中に使用することに特化して作られたプラウザ。インストールしても、それなりに詳しい上司にでも分かりづらく作られている。「ボスが来た」ボタンなどに代表される各種ショートカットキーなどにより、プラウザを高速終了することが可能になっている。別の起動中のプログラムと瞬時に摩り替えることも可能(ばれないように、定期的に関連ファイルの更新を行う機能も搭載)。最近使ったプログラム欄にも残らない。
バーナー
時間になると、画面を炎上させるような効果でブラックアウトさせ、各種端末からの干渉を不能にし、その後全てのファイルを消去するという、前代未聞の凶悪なウィルス(多分これから先も聞く事はないだろう)。
ハイパーテキスト
トイレに入ると、正面に「右を見ろ」。右を見ると「後ろを見ろ」。後ろを見ると「左を見ろ」。左を見ると「上を見ろ」。上をみると「きょろきょろするな」。これを電子文書でやること。
ハイパーテキストコーヒーポット制御プロトコル
coffee:スキームを使用した転送プロトコル。
http://www.rfc-editor.org/rfc/rfc2324.txt
バグ
虫のこと。日本ではゲジゲジのようなものを想像しがちだが、アメリカではてんとう虫のようなものを指すらしい。
ハッカー
不正にコンピュータに進入しデータを盗んだり破壊したりする人。
フリーズ
冷すこと。某OSの得意技。環境に優しいOSである。
ベイ
パソコン本体の中にすでに用意されている内蔵用のスペース。本体の大きさが大きければ、比例して当然ベイも大きい。
ベストエフォート
ISP事業者の言い訳に良く使われる用語。
ホームページ
1.インターネット上に表示されるページのこと。
2.電子掲示板とは違う何か。Cookieによるデータの受け渡しが可能らしい。(ENC談)
いずれの場合も、Home Pageと離して書くのが正しい。
マッキントッシュ
アメリカ原産のリンゴ。よく爆発する。
メインメモリ
CPUが使うメモリのこと。
リプライ
メールで返信すると、タイトルに「RE:」と付加されるのは、Replyの略である。
レスポンス
メールで返信すると、タイトルに「RE:」と付加されるのは、Responceの略である。
ルーラ
ドラクエの呪文。

Index  Pseudo Japanese  トップ

Copyright (c) 2001-2002 ばあど All Rights Reserved