1と2の間辺りからはじめるホームページ講座大雑把な要素・属性紹介

ここでは一般に使用するであろう、要素と属性を見本と一緒に紹介していきます。
復習ですが、以下の事に注意してください。

  1. 要素は、開始タグ・内容・終了タグで構成されています。
  2. 終了タグ</要素名>です。
    要素名とは、俗に「タグ名」と呼ばれているものです。
    終了タグが無い要素もあります。その場合、内容もありません。
  3. 開始タグは、<要素名( 属性)>で構成されています。
  4. 属性は、属性名="属性値"で構成されています。
    属性値は"(二重引用符)か'(一重引用符)で囲ってください。
    属性はいくらでも書けますが、同じ属性名のものは1つしか書けません
  5. 空白類とは、半角スペース、タブ、改行のことです。
    全角スペースは含みません
  6. 要素は始めた順に終了していきましょう。

それから、表示される部分の要素は大きく、
前後で改行されるブロック要素、改行されないインラインレベル要素の2種類に分類されます。
これらには、基本的に以下のような約束事があります。

  • ブロック要素の中には、ブロック要素かインラインレベル要素が置けます。
  • インラインレベル要素の中には、インラインレベル要素しか置けません。

尚、サンプルはただ単に、実際にタグを使って表示しているもので、
ブラウザによって見え方が異なる可能性があることを頭の隅にでも置いておいてください。

講座に戻る | ABC順

▲見出しへ戻る
最終更新日:2003年11月24日
Copyright © 2001-2003 ばあど All Rights Reserved.