補足

ご覧になりたい項目を、クリックしてください。

非推奨要素一覧

この講座は、基本的に
HTML 4.01 Transitionalという仕様に
基づいています。

ですが、この講座の中には、
仕様には無いが、
古いInternetExplorerもNetscapeNavigatorも
サポートしている要素

非推奨の要素が存在します。

非推奨のものは、
その意味が陳腐化してしまい、
次の次の仕様で廃止されてしまったものですが、
未だにたくさん使われていて、
かつ互換性の問題もありますので、
当分サポートされ続けるものと思います

非推奨タグは、使ってはいけないわけではありません。
ただ、これらのタグを使った場合、
DOCTYPE宣言を
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
にしなくてはいけません。
使わない場合は
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
と書くことができます。

以下、対象となる非推奨の要素と属性です。

  • usfontcenter
  • あらゆる要素のbgcolorbackgroundalign属性
  • brclear属性
  • imghspacevspaceborder属性
  • bodyのあらゆる属性
  • tdwidthheight属性
  • scriptlanguage属性

仕様に無い要素や属性

これらを使用する場合、
DOCTYPE宣言をすること自体を
考える必要があります。

  • frameborder属性
  • tablebackground属性

使わない方がよいもの一覧

これらは、一般的に、
使っていると嫌われるものです。
出来る限り使わずにすませましょう。

  • marquee
  • フレーム全般
  • blink
  • 半角カタカナ・機種依存文字
    具体的には、○囲み数字、ローマ数字など
  • ステータスバーの、動くテロップ
  • JavaScriptやDHTMLによる、
    ページに入る時の演出

こうしたほうがよい?

初めて作った時に、なんとなくやってしまいそうなミスや、
こうしたほうが良いかも、というものを
自分なりに書き出してみました。

  1. 半角の""や""や""を使っていませんか?
    これも実は、半角カナ文字です。

  2. DOCTYPE宣言をなさっている場合、
    本当に準拠していますか?
    自信があるなら、以下のリンクで試してみてください。

    Another HTML-lint

  3. あなたはボタン付きの目次を作りました。

    ○素材の部屋
    ○独り言の部屋
    ○リンクの部屋
    (○部分がボタン画像だと思ってください)

    でも、ボタンか文字、どちらか片一方だけに
    リンクを張るのって、
    勿体無くは無いですか?

  4. meta要素のROBOTS情報の内容を、
    小文字で入力していませんか?

    index,nofollow

    小文字だと読み取れない
    サーチエンジンもあるかもしれません、
    出来るだけ大文字で書くようにしましょう。

  5. 実際にブラウザでファイルを開いてみて、
    一通りリンクを辿ってみましょう

    リンク切れはありませんでしたか?
    上げる前に、リンク切れだけでも無くしておきましょう。

  6. 「戻る」ボタンは、ありますか?
    もしかしたら、お客さんは、
    左上の「戻る」ボタンにカーソルを持っていくのを
    面倒がるかもしれません。

  7. こんなことを書きませんでしたか?

    リンクフリーです。
     但し、リンクを張ったときには、
     メールで連絡を下さい

    これはちょっとヘンだと思いませんか?
    だって、「メールを出す」という、制約がありますもの。

  8. サイトを幾つかの章に分けました。
    各章の最後から、
    次の章の最初へのリンクはありますか?
    読者は、通しで読みたいかもしれません。

    逆のリンクはどうでしょうか?
    目次へのリンクは?
    考えてみてください。

  9. リンク集を作りました。
    でも、リンク先のサイトを
    フレーム内に表示したりしていませんか?

    リンクしているサイトは、
    あなたのものではありません。
    target属性をきちんと指定しておきましょう。

  10. 重く(大きく)ありませんか?
    手元にファイルがありますから、
    リンクを辿る確認は出来ても、
    こちらはついつい忘れがちです。
    一度、以下に紹介するソフトでチェックしてみましょう。

    HTML体重計

    但し、この体重計、
    表関連要素のbackground画像などは
    探してくれませんので、注意しましょう。

  11. GIFアニメーションを入れました。
    ちょっと離れてみてみましょう。
    速過ぎると思いませんか?
    目がチカチカしたりしませんか?
    GIFアニメーションは、
    あなたが思っている以上にスピードが速いです。
    気をつけましょう。

    それと、本当に動かす必要のあるものか
    今一度問うてください。

  12. 解像度を600x800に落として
    作ったページを巡ってみましょう。
    横バーが表示されたりしませんか?
    800x600までは対応しておきたいところです。

  13. 音楽はどうでしょう?
    WAVファイルは特に大きくなりがちです。
    MIDIファイルでも、
    演奏の為のプラグインを起動するのに、
    結構時間がかかります

    それと、人によっては聴きたくないかもしれません。
    STOPできる環境にしておきましょう。
    オートスタートしないようにしておくと、
    より好ましいです。

  14. こんな文章を書きませんでしたか?
    「トップページにリンクを張ってください」
    これって、一体どっちなんでしょう?
    「内容へのリンクは不可です」
    「あなたのサイトのトップページに
     私のページへのリンクを置いてください」

  15. 複数のブラウザで確認しましたか?
    少なくとも、InternetExplorer6.0とNetscape7.xで
    確認しておきたいですね。