1と2の間辺りからはじめるホームページ講座用語集

もくじ
目次を飛ばして本文へ

CSS

「カスケーディング スタイル シート」の略で、
スタイルシートの一種です。
単に「スタイルシート」と呼ぶ場合、CSSを指すことが多いです。

これを使うと、文字をはじめとした部分に、
木目細かで、且つ様々な装飾が可能です。
その他様々なメリットがあり、
レイアウトに関する部分はスタイルシートで指定することが
奨められています。

しかし現状では、CSSを完全な形で実装したブラウザはなく、
ある程度のレイアウト用マークアップをしないと
実現できないデザインも、多数存在します。

Java Script

ウェブページで、色々な仕掛けをするのに
最も一般的に使われるスクリプト言語
です。

もう一つ、Javaというものがあるのですが、
それとは全く別物です。
単に「Java」と言った場合は、前者になってしまうので、
注意しましょう。

Internet Explorer上では、プライドのためからか、
JScriptという名前で扱われています。
表向きは、JavaScriptの互換スクリプトとなっていますが、
内容はJavaScriptそのものです。
(JavaScriptは、
Netscapeを作っている会社が開発したスクリプト言語です)

なぜこれをOFFにするのかと言いますと、
これを使って、悪さや要らぬ演出をしているページが
たくさんある
からです。
例えば、広告だけのウィンドウが開いたり、
何も無いウィンドウが沢山開いて
パソコンがフリーズしたり、
サイトに入るときにジワジワとなって
なかなか表示されない、
なんてことありませんでしたか?
そういうことが出来るのです。

ウェブページ

俗に言う、「ホームページ」の事です。
各々のHTMLファイル、又はそれを開いて
表示される画面のこと
を言います。

ホムペホメパゲHPは、その略語です。
HPは特に使うのを避けた方がよいかもしれません。
ヒューレット・パッカードという
大きな会社の登録商標なので、うるさくいう人がいるからです。

ホームページとは、本当はブラウザを開いたときに、
はじめに表示されるページのこと
なのですが、
最近は、そちらは「スタートページ」など、違う名称で区別して
呼ばれるようになっているようです。

更に言うと、「ページ」と呼ぶことも正しくないらしいのですが、

  1. ホームページの「ホーム」と「ページ」のどちらもないのでは、
    初心者には本当に何のことか分からなくなる。
  2. 個人的に、ウェブサイトを本に喩えた話は好きだ。

という二点から、敢えて「ウェブページ」としています。

また、それは各サイトの
初めのページ(index.htmlなど)であるという、
ウェブページを本に例えた話もありますが、
それもきちんと使われているわけではないようです。

因みに、http://www.xxx.co.jp/yyy.htmlのようなものを
俗に「ホームページアドレス」と言いますが、
こちらも、正確にはURLと言います。

オーバーロール画像
(画像スワップ)

マウスを乗っけると画像が変わったり動いたりするページ、
見たことあるでしょ。アレです。

これには、Java Scriptを使用します。

拡張子

ファイルの名前の後ろ「.(ドット)」以下に、
半角英数1文字から5文字で記されているものです。

Windowsでは、初めは一部しか表示されておらず
エクスプローラから、[ツール]→[フォルダ オプション]で、
[表示]タブをクリックし、
[登録されているファイルの拡張子は表示しない]
チェック ボックスのチェックを外す必要があります。
おおっと、[適用]するのを忘れないように。
でないと、index.html.txtな〜んて、
妙なファイルができてしまいます。

これは一般的に、そのファイルが
どのような形式のファイルであるかを示すものです。

Windowsでは、そのファイルをダブルクリックした際に
どのプログラムを使ってそのファイルを開くかを
決めて
います。
(例えば、「〜.htm(l)」となっているファイルでは、最初は
 InternetExplorerを使って開いています)

検索ロボット

サーチエンジンの中でも、
ロボット型サーチエンジンと言われるシステムがあり、
そのサーチエンジンの、ウェブページ上の単語を集めてくる
プログラムのことを俗にこう呼びます。

ウェブページ上のリンクを辿りながら、
そのページで重要と思われる単語をピックアップして
そのページをサーチエンジンに登録していきます。

この検索ロボットは、大抵
metaを使って(ヘッダ解説ページ参照)
制御できます。

サーチエンジン

探したい情報の言葉の断片を入力すると、
今までに蓄積してきた情報の中から、
その言葉に関するものが
掲載されているページを紹介してくれるシステムです。

代表的なものに、
googleYAHOO!gooインフォシークLycos
があります。

検索を掛けて、あるページが紹介されることを、
そのページがヒットすると表現します。

サムネイル

整頓、管理などの目的で、
元の画像ファイルを適当なサイズに縮小して、
一つの画面に沢山、表示できるようにしたものです。

ステータス バー

下の、Internet Explorerでは「ページが表示されました」、
Netscapeでは「ドキュメント:完了」と
表示されている部分のことです。

テキストエディタ

文字とタブ、改行の情報しか入っていない、
テキストファイルという形式があり、
そのテキストファイルを作成、編集するためのものです。

Windowsでは、スタートボタンから、
[プログラム]→[アクセサリ]→[メモ帳]と辿って
出てくるものが、もとから入っています。
Macintoshでは、SimpleTextというものがあるとか。
[HD]→[アプリケーション]→[シンプルテキスト]
と辿っていけばあるそうですよ。

他にも、それぞれの用途に合わせて、
様々なテキストエディタが、
ネット上などで公開されています。
HTMLのテキストエディタとしては、
以下のようなものが比較的有名です。

有名なオンラインソフト (for Windows)
秀丸エディタシェアウェア サクラエディタフリーウェア
O's Editerシェアウェア TeraPadフリーウェア
EmEditorシェアウェア MKEditorシェアウェア

この形式のファイルの拡張子は、
一般的にはtxtとなっています。

デフォルト

初期値
その属性を設定しなかった場合、
どの値が適用されるかということです。

トップレベルドメイン

ドメイン名(メールアドレスの場合は、@マーク以下の部分)
の中で、一番右端にあるものです。
有名なものでは、[.com][.jp][.edu]などがあります。

ブラウザ

ここでは、「ウェブブラウザ」もとい「WWWブラウザ」を指します。
ウェブページを閲覧するためのソフトのことを指します。
Internet ExplorerやNetscapeのことです。

戻る
JavaScriptをOFFにしている場合、
タイトルページに戻ります。

<大雑把な要素・属性紹介[P]  

▲見出しへ戻る
最終更新日:2003年11月24日
Copyright © 2001-2003 ばあど All Rights Reserved.