1と2の間辺りからはじめるCSS講座ボックスをあれこれ

もくじ
目次を飛ばして本文へ
博士H:

うむ、その通りじゃ。
○○と付け足しておくと、完璧(かんぺき)じゃな。

博士H:

では、これらを指定するプロパティを紹介していくじゃ。
まずはpaddingじゃ。

生徒B:

パディングの大きさを指定するプロパティだな。

博士H:

そうじゃ。
パディングは四方にあって、
それぞれに別の値も指定出来るのじゃ。


div{padding:2em }            /* 四辺とも 2em */
div{padding:1em 2em }        /* 上と下が 1em、右と左が 2em */
div{padding:1em 2em 3em }    /* 上1em、右と左2em、下3em */
div{padding:1em 2em 3em 4em }/* 上1em、右2em、下3em、左4em */

生徒A:

えーっと、
一つだけだと四辺同じで、
二つだと上と下
みっつだと上上下下左右左右びーえーすたーと・・・・

は、博士ー、、こんなのどうやって覚えるんですか。

博士H:

ほっほっほ、これには法則があっての、
まず、四辺個別に指定する場合は、左から順に行くと
ゼロ時方向から時計回りになっておるじゃろ。

それで、減っていくと、
足りない値は反対側の辺からとってきておるのが
分かるかの。

で、最後に余る四辺同時指定はそう難しくないじゃろ。

生徒A:

はー、なるほどねー。
いろいろ考えてあるんですね。

博士H:

うむ、以下のプロパティで
個別に指定することも出来るぞい。
padding-top
padding-right
padding-bottom
padding-left

生徒B:

そうだ博士、
ここでも出てくるemっていう
謎の単位が気になってるんだけど。

博士H:

そうじゃな、単位の解説をせんとイカンのぉ。

長さの単位じゃが、
大きく相対単位と絶対単位に分かれるのじゃ。

違いは、絶対単位は、例えば
ディスプレイに映し出されたものを測っても
印刷されたものを測っても、
長さは変わらないんじゃな。

対して、相対単位は、
状況に応じて長さが変わってしまうのじゃ。

絶対単位には以下のようなものがあるのじゃ。

in インチ -- 1inは25.4mmに相当
cm センチメートル -- 1cmは10.0mmに相当
pc パイカ -- 1pcは約4.23mmに相当
mm ミリメートル
pt ポイント -- 1ptは約0.353mmに相当
博士H:

相対単位は、以下。

em エム -- 文字の大きさを1とした、相対的な値。
"2em"は2文字分の長さ。
px ピクセル -- ディスプレイの解像度を参照。
博士H:

pxについては、
諸々(もろもろ)の事情で、ほとんど絶対単位なのじゃ。

生徒B:

じゃぁなんで絶対単位に入ってないの。

博士H:

ディスプレイの大きさが変われば、
1ドットの大きさも変わるじゃろ。

生徒B:

あ、そう言えばそうか。

博士H:

それで、絶対単位については注意が必要なのじゃ。
Macintoshの場合は72dpiで、
Windowsの場合は96dpiなのじゃよ。

生徒A:

dpiってなんですか?

博士H:

1インチに何ドット収まるかという単位じゃ。
数値が大きいほど、細かい画面ということじゃな。

でじゃ、それで何が違うのかというと、
例えばWindowsで20ptのつもりで書いたものが、
Macintoshでは15ptに見えるということなのじゃよ。

生徒A:

「文字が小さく見える」ってことですね。
えっと、つまり絶対単位は
あまり使わない方がよいって事でしょうか。

博士H:

場合によるが、ウェブに関してはあまり勧められんの。

ハナシを戻すぞい。
paddingの単位には、
更にパーセンテージが使えるのじゃ。
これは親要素の幅を100%とした値じゃ。

生徒A:

博士、パディングは背景の指定が
出来るんじゃなかったでしたっけ。

博士H:

よく覚えておるの。感心じゃ。
背景に関しては、
また別のプロパティで指定するのじゃよ。
これはまたあとで解説するのじゃ。

で、次のプロパティはこれじゃ。
margin

生徒B:

要するにマージンの大きさを決めるんだな。

博士H:

その通りじゃ。書き方はpaddingと一緒じゃよ。
個別のプロパティもあるのじゃ。
margin-top
margin-right
margin-bottom
margin-left

それでじゃ、marginの場合は、
特別に「相殺」というのがあるのじゃよ。

生徒A:

へぇー、マージンって偉いんですね。

生徒B:

・・・・・・。

博士H:

いや、上下のマージンがつぶし合うのじゃよ。
例えば両方とも正のマージンがぶつかる場合、

博士H:

大きい方のマージンがとられるので、
互いのボーダー辺までの距離は
上のマージン分の幅になるのじゃ。

次のケースじゃ。


p{
  padding:0;
  border:0;
  margin:50px 0 20px 0;
}
div{
  border:2px solid #00f;
  margin:30px 0 40px 0;
}
 
<div>空要素の手前のdiv</div>
<p></p>
<p></p>
<p></p>
<div>空要素の後ろのdiv</div>

博士H:

この場合、空要素にはパディングもボーダーも無いで、
自身の上下のマージンでつぶし合うのじゃよ。
結果、空のpの上のマージンが採用され、
他のマージンはつぶされるのじゃ。

博士H:

マージンは負の値も許可されておるで、
例えば正と負のマージンが混じっておる場合は、
その合計がマージンとなるのじゃ。

博士H:

すべて負のマージンの場合は、
最も小さな値が採用されるのじゃ。

博士H:

最後にボーダーじゃ。

border-width
これは、四辺のボーダーの幅を指定するプロパティじゃ。

単位は、paddingなどと一緒じゃ。
ただしパーセンテージは使えんがの。

個別のプロパティもあるぞい。
border-top-width
border-right-width
border-bottom-width
border-left-width

生徒B:

なんでボーダーだけwidthって付いてるんだ?

博士H:

ボーダーは幅だけではないからの。
色や種類も指定出来るのじゃよ。

生徒B:

ふむふむ。

博士H:

ボーダーの形を決めるのが、border-style
個別のプロパティもあるのじゃ。
border-top-style
border-right-style
border-bottom-style
border-left-style

種類には、以下のようなものがあるぞい。

博士H:

で、ボーダーの色を決めるのが、border-color
個別のプロパティもあるぞい。
border-top-color
border-right-color
border-bottom-color
border-left-color

色については、次に解説するのじゃ。
今回はここまでじゃ。

<レイアウトの基本、ボックス[P] 背景で遊ぶ[N]>

▲見出しへ戻る
最終更新日:2004年04月02日
Copyright © 2001-2003 ばあど All Rights Reserved.