あるがままに・そのままに

—鬱陶しい亭主の場合—

HOME | 201604-201803 | 第807話 

第807話 いつかは終わる 何もかも

第807話 いつかは終わる 何もかも
 
 毎日色々なことが脳裏に浮かんでは消えるわけですが。実にそれらの思いは勝手にブクブク沸いて勝手に冷めて消えていくものです。
 一事が万事。何もかも同じ。全ては起こることが起こって終わる。ただそれだけ。
 起こったことはいつかは終わる。何もかも。この人生は誰あろうこの私自身を疎外して勝手に進んで勝手に終わるのです。この人生は私の人生であるにもかかわらず私そっちのけで勝手に人生をやっているのです。コンチクショウめ。
 はてさて。それならこの人生は私のものなのでしょうか。いや。この人生において「私」というものはあるのでしょうか。
 「私」というものは本当はないのである。それを便宜上あると仮想して日々のショボイ暮らしをやっつけているのであるーーそんなものなのだろうなぁという思いも勝手に生じて勝手に消える。ただそれだけのものなのであります。この人生は何の張り合いも甲斐もないものなんだろうなと思う亭主です。
 ーーそういう思いももちろん何の甲斐もないのですけどね。何もかも勝手に起こっていつかは勝手に終わるのですから。
 

2017/07/07

ついでに一言
 
 そういうことを思うのも書くのも自由になりはしないので笑っちゃいます。笑っちゃうのも自由にならないと知りつつ。
 


おまけにもう一言
 
 そんな事情ですからやることなすこと全て是・ポジティブであり否・ネガティブは一つもないということになりますね。すこぶる忌々しい人生だとは思いますが。