大阪市北区、JR大阪駅・阪急・阪神・地下鉄各線梅田駅徒歩すぐ 阪急グランドビル22階
一般整形外科(外傷:打撲・捻挫・骨折、骨粗鬆症、肩コリ、腰痛、関節痛リウマチなど)、陥入爪など
myweb1003018.jpg myweb1003017.jpg myweb1003016.jpg myweb1003015.jpg myweb1003014.jpg myweb1003013.jpg myweb1003012.jpg myweb1003011.jpg
江川整形外科形成外科 TEL:06-6315-8450 Fax:06-6315-0170
〒530−0017大阪市北区角田町8番47号阪急グランドビル22階
当院は昭和52年(阪急グランドビル開業時)、初代院長の江川常一(故人)が開設しました。
 
以降30年以上の間、
この阪急グランドビルで診療を続けております。
院名・科名の由来
当院は「整形外科」を主診療科としております。
 
これは当院の開業当初は、初代院長、現院長の専門分野である「手の外科」と言う言葉が一般的でなかった為、形成外科も標榜した事に由来します。
(現在でも、「手の外科」は整形外科・形成外科双方で扱います)
 
現在、当院を受診される患者さんのほとんどが整形外科領域の患者さんですので、「手」以外の症状の方も遠慮なくお越しください。
当院では美容目的の手術・診察は施行しておりませんので、あしからずご了承ください。
院内のご案内
【受付】
まずはこちらで受付をしてください。
(普段は扉は開いております)
 
 院長の手作り狸(信楽焼)が
 お出迎えいたします。
【待合室】
 
診察開始まで待合室でお待ちいただきます。
JR大阪駅、スカイビル、六甲山系などが一望出来ます。
天気が良ければ大阪湾はもちろん、淡路島まで見える事があります
現在はJR大阪駅北側の建設現場を観察する事も出来ます。
疾患説明用パンフレット・雑誌等も用意してあります。
 
【診察室】
診察室は2部屋あり、交互に診察を行います。
診察室に案内されたら、職員の指示通りにして診察を受ける準備をしてお待ちください。
【X線検査・骨密度測定室】(画像無)
必要に応じてX線検査(レントゲン撮影)、骨密度測定等を行います。
職員がご案内しますので、指示に従ってください。
【理学療法機器(頚椎・腰椎牽引、ホットパックなど)
患者さんの症状によっては、牽引やホットパック、滑車などの消炎鎮痛処置を
受けていただく事があります。
腰椎牽引1台、頚椎牽引器2台、滑車1台、ホットパック4台(16ヵ所分)あります。
頚椎牽引1台、ホットパックは景色を見ながら受ける事が出来ます。
ホットパックは2009年に新調いたしました!!!
【当院にある医療機器】
 
当院では下記の医療機器を常備しております。
 
X線撮影装置:一般的なレントゲン写真を撮影します。
骨密度測定器:骨密度の測定を行います。
頚椎牽引:頚椎の牽引を行います。
腰椎牽引:腰椎の牽引を行います。
ホットパック:頚、肩、腰、膝などの温熱療法を行います。
滑車:肩の運動を行います。
 
採血検査は、当院で施行しますが、検査自体は外注になりますので、数日後(早ければ当日午後、もしくは翌日)に結果が出ます。
その他、MRI、CT等、当院で施行できない検査については提携医療機関で検査を受けていただくことが可能です(当院で紹介・予約が可能です)。
当院では患者さんそれぞれの症状・状態(日常生活や仕事・学業、スポーツ)、
ご希望を考慮し、それぞれの患者さんに最適の治療を行うように心がけています。
診断・治療等に関するご希望があれば、遠慮なくお申し付けください。
可能な範囲でお応えさせていただきます。