珍しい黄色のツリフネソウ
有毒のトリカブトの花 舞楽の伶人の冠に似ている
遊歩道の脇には渓流が並行して流れています
ゲンノショウコ(フウロソウ科)の花
虎の尻尾を想わせる、オカトラノオ
ヤブデマリ(ガマズミ属)の赤い実
ヤブキリ(キリギリス科)
飛騨市古川町数河地区と宮川町種蔵地区の境界に位置する海抜1500mのブナ林が残る田中高原。遊歩道が整備されており、木々、草花には名前の標識がついている。終点まで1時間。渓流が終始並行して流れている。小さな岩魚の姿も見られる。夏の時期は、花は少ないが、トリカブトはひときわ目立った。ウバユリもたくさんあり結実していた。
 終点の湧水は、とても冷たく美味しかった。ボトルに入れて持ち帰りました。感心したことは、湧水池から遊歩道の脇へ何百メートルもゴムホースで水を引いてあることです。林道が新しく開設中であり遊歩道と交差することになります。

紅葉の秋はこちら