天正の頃、小島城の姉小路(あねがこうじ)小島時光の家来に宇次原権守(うじはらごんのかみ)という人がおりました。西の方面よりの敵を防ぐために、小谷に砦(とりで)を築き、見張りをしていたのだそうです。
  野ロ(のぐち)の正願坊(しょうがんぼう)付近に
妖怪が出没して、通行の人々を苦しめておりました。道ばたにちょうどよい岩があるので腰かけると、その岩が動き出し、腰かけていた人が下の川に引きこまれたそうです。また、越中通いの牛追いが、牛を取られそうになり、牛を引っぱっているうちに 自分の身も危うくなり命を失いかけたので、牛はあきらめて命からがら逃げたとか、人々の難儀はひとかたならないものがあったそうです。

  その筋より、この妖怪を退治せよと、土地の郷士(ごうし)宇次原権守に下命がありました。命ぜられた権守は、何とかして退治しようとあせりましたが、妖怪がその正体を現わさないのには困ってしまいました。きっと深淵に住む主のせいだろうと、常にそのへんをぶらついて、注意を怠りませんでした。

  ところがある日、淵のロの所に、今まで見たことのない岩がみつかったのです。それは色も付近のものとは全く異なり、碁盤の目のような模様があります。よくよく注意して見ていると、わからない程ですが、ほんのわずかずつ動いているようなのです。権守は正体を見届けようと、細心の注意をはらって近づいて行きました。それこそ淵の主の大亀だったのです。
権守は満身の力をこめて、そばにあった大石の角々したのを持ち上げ、大亀の上に投げつけました。すばやく腰の名刀を抜き放つと、ザクリとばかり切りつけました。鮮血にまみれながら大亀は淵深く逃げこみました。もくもくと流れ出る鮮血は、淵を真赤に染めました。


  七日の後に、大亀の死体が浮かび出たということです。それからは妖怪もすっかり出なくなり、人々はやれやれと安堵(あんど)の胸をおろすことができました。この大亀退治をして間もなく、権守の妻女がはらみまして、月満みて男の子を産んだのです。家中大喜びで、庄蔵と名をつけて、かわいがって育てました。

ところが、この子は二年たち三年たち、五年たっても、歩きもしなければ、ものも言わないのです。両親の悲しみは、たとえようもありませんでした。

ある日、権守は悲しみのあまり、子どもを抱きよせ、「庄よ、庄よ。お前は生まれて五年にもなるのに、言葉もしゃべらず歩くことさえできないとは、何たる情けないことじゃ。おれの持っている名刀も、家伝の宝もみんな、他人に譲るよりしかたがないのかなあ。」と、嘆きながら言いました。すると突然、「庄はその宝ものや名刀を見たいよう。早く見たいよう。
と言ったのです。初めて庄蔵がロをきいたので、夫婦の驚き喜びは大変なものでした。直ちにしまってあった宝物と名刀を持ち出してきました。中の物を出して見せると、その宝物を背負い、刀を杖にして立ち上がりました。

  両親は手を打って喜び合いました。あれよあれよといううちに、のたりのたりと歩きだしました。そして、家をひと回りしたかと思うと、谷へ下りて行ったのです。

  父は驚いて追いかけましたが、庄の歩みは次第に早くなり、どんどん駆け下りて、とうとうあの大亀の住んでいた淵へ、ざんぶとばかりとびこんでしまいました。父は狂人のように庄の名を呼びましたが、とうとう宝物も死体も浮き上がらなかったのです。これからこの淵を「庄が坊」というようになり、後に「正願坊」と書くようになったということです。

高山線が野口の鉄橋を渡り一番目のトンネルに入る附近の宮川は、鳴岩といって、大変景色の良いところでした。しかし、関西電力の野口ダムができため、昔の面影はなくなっています。そこから下流の山をぐるっと回るところに、正願坊という淵があります。今は、ダムのため水が枯れて、人を近づけさせないような不気味さはありませんが、以前はそれは、恐ろしいほど深く大きな淵でした。


   「古川のむかしの話し」より