HP

キュルノンチュエ/ヤマオカ

店情報:

□場所:岐阜県高山市清見町牧ヶ洞3154
□電話番号:0577-68-3377
□営業時間:10:00〜18:00
□定休日:火曜日

ヨーロッパの伝統製法で作る日本では珍しい乾燥ソーセージ。ソーセージの元になる豚肉は、鹿児島・霧島高原産の黒豚を使用し、味付けされたひき肉を粒胡椒と混ぜ合わせ、1本1本丁寧に腸づめする。そして、カマンベールチーズなどに使われている。“ペニシリューム系の白菌”を付けて熟成させることで乾燥させる。

63歳にしてフランスへ渡り、山あいの街で薫製づくりを3年間修行した山岡氏が、ハム・ソーセージ作りに適したフランスの気候に似た土地を探し歩き、ようやくたどり着いたのが飛騨の清見町。約40種類のハムやソーセージの製造・販売を行っている。場所は、高山西インターを降りて、道の駅ななもり交差点を左折しR158沿線の左側にあるJA野菜集荷場横の細い農道(車すれ違い出来ません)を約500m山に向かって進んだところに一軒ポツンと店がある。

一番人気の白かびソーセージは、ほとんど予約でしか入手できない程注文が殺到している。できあがるまでに3週間かかるという。楽天でも販売されているが値段は、直売のほぼ2倍。手軽に買えるのは、地元ならではの強み。
予約したついでに、試食で戴いたスパイスの効いた薫製ソーセージ チョリソーが美味しくて買ってしまった。
雑誌『BRUTUS』の『日本一の手土産〜酒の友部門』で堂々の1位に選ばれた極上の白かびソーセージ。ここのハム・ソーセージは知る人ぞ知る、超有名品。びっくり、店内の梁からつり下げて熟成中です。
店内につり下げられた巨大なハムの固まりに圧倒されてします。