この鳥居は昭和7年 に建立された。当時の価格で3百円
 隣の桜の木は、昭和14年出征する息子の無事を祈って 故 山本喜助氏が植えられたものです
当地区の例祭は、5月3日におこなわれます。  明治時代は、9月4日が続きました。大正10年に4月14日に改めたが、すこし早すぎて雪が降ったりしたので昭和3年に4月28日に改めました。途中で4月26日に変更され、平成になり、再び変更され現在に至っています。
平成8年老人会のかたが、10日がかりで新しいしめ縄を作られました。
            拡大写真はこちら